2月下旬に横浜で開催したカメラ機器の展示会「CP+2017」が幕を閉じた。各メーカーの最新カメラや交換レンズ、カメラ用品をまとめて自由に試せるタッチ&トライの場を提供する展示会、という位置づけが写真ファンの間で評価されており、SNSでは「今年も満足できる内容だった」「時間を割いて行ってよかった」という肯定的な声が多かった。コンシューマー向けの展示会としては成功だったといえる。

4日間の会期を終え、微減ながらも昨年並みの来場者を記録したCP+2017。各社の最新製品をまとめて体験できる数少ない機会として、写真ファンに高く評価されている
[画像のクリックで拡大表示]

 だが、主要なカメラメーカーは足並みをそろえたように参考出品や未発表製品、新技術の展示を見合わせ、家電展示会「CES」やモバイル機器の展示会「MWC」(Mobile World Congress)で鮮烈に感じさせる近未来感やワクワク感に欠ける内容であった点は否めない。それらの展示会でいやというほど目にするAIや音声認識、デュアルカメラ(ダブルレンズ)、クラウドなど、IT業界のトレンド的なキーワードもほとんど見られなかった。さまざまな最新技術をどん欲に盛り込んで進化し続けるスマホカメラとは対照的に、本家カメラ業界の守りの姿勢や停滞感を露呈した形となった。

各社のカメラやアクセサリーを気軽に試せ、開発者と話ができる

 2010年から開かれているCP+は、かつてのフォトイメージングエキスポを継承するカメラ&写真&映像をテーマにした一般消費者向けの展示会だ。規模的には、2年ごとにドイツ・ケルンで開かれるフォトキナに譲るものの、多くのカメラメーカーのお膝元である日本で開かれることもあり、海外から訪れる外国人も多い。

 いち写真ファンの視線で見ると、CP+は内容が充実していて魅力的なイベントに仕上がっている。特に注目なのが、発売前の最新デジカメや交換レンズをいち早く試せるタッチ&トライコーナーだ。量販店だと、高価格のレンズはショーケースに入っていて気軽に試せないことが多いのに対し、CP+ならば担当者にひと声かければヒョイと出してくれる。量販店では盗難防止用の装置がじゃまで試しづらさを感じることがあるが、CP+ならばそのようなことはない。今年は、CP+後に発売を控えた富士フイルムの中判ミラーレス一眼「GFX 50S」や、パナソニックの6Kフォト対応ミラーレス一眼「LUMIX GH5」などの高性能モデルが人気を集めた。早々に数十分~1時間程度の待ち時間が発生するなど、新しいフォーマットや新機能に対する関心が高かった。

富士フイルムの中判ミラーレス一眼「GFX 50S」。2月28日に販売が始まった
[画像のクリックで拡大表示]
パナソニックのミラーレス一眼「LUMIX GH5」。発売は3月23日で、これから大阪と名古屋で体験イベントが開かれる
[画像のクリックで拡大表示]

 機材を試しながら、日ごろ接することが難しいカメラメーカーの開発者と顔を合わせて話ができるのも、CP+の魅力といえる。気になるカメラやレンズについて意見交換するだけでなく、開発者しか知り得ない設計の裏話などをこっそり教えてもらえることもある。

 カメラバッグや三脚などのカメラ用品を試せるのもCP+ならではだ。カメラバッグは、通信販売を利用すれば各社の製品が容易に入手できるようになったが、カメラ量販店の旗艦店でも特に人気のある商品や一部のサイズしか置いていないことが多い。そのため、お目当てのカメラバッグの大きさや使い勝手、素材の質感を購入前に確認するのが難しいケースもある。CP+ならば、用品メーカーや販売代理店が多くのカメラバッグをブース内に陳列しており、実際に機材を入れたり背負ったりして自由に試せる。「高価なうえ使い勝手が重要なカメラバッグを、実物を見ずに買いたくない」と考える人にとっては、CP+はまたとない機会となるのだ。

 このように「さまざまな新製品がいち早く試せる」「開発者とのコミュニケーションなど、量販店では難しい体験ができる」という場をまとめて提供するCP+は、コンシューマー向けのカメラ展示会としては大いに魅力的な存在となっている。