[画像のクリックで拡大表示]

写真をどこにバックアップする?

 iPhoneは、手軽に写真を撮ることができるうえに、撮影した写真をiPhoneの綺麗な液晶画面で楽しめる。だが、iPhoneの保存容量(ストレージ)が撮影した写真でいっぱいになってはいないだろうか?

 写真がある程度たまったら「外部のストレージなど他の場所に保存して、iPhoneから消す」というのがベストな対策だろう。iPhoneの容量不足に困っているなら、写真のバックアップを試してみてほしい。

 ただ、iPhoneの写真をどこへバックアップしておけばいいのか、悩む人も多いだろう。そこで保存先として「クラウドストレージ」「パソコン」「NAS」の3つを紹介した後、写真保存に適したサービスを詳しくチェックしていこう。

ネット上に容量無制限で保存する

 インターネット上でデータやファイルをの保存場所を提供するサービスを「クラウドストレージ」と呼ぶ。iPhoneで撮影した写真を、専用のアプリを使って簡単にバックアップ/管理できるクラウドストレージも増えてきた。

 クラウドストレージを利用する長所は、iPhoneから削除した写真であってもストレージに接続するだけで、いつでも見たり、iPhoneに保存しなおしたりできるところだ。

 短所としては、保存容量の制限があるクラウドストレージでは、容量を増やすには費用がかかる場合があること、アップロードした写真が縮小されたり、画質が落とされたりすることだ。

 最近は無料、容量無制限、画質が低下しないなどの特徴を持ったクラウドストレージサービスも登場している。容量やアップロードできる枚数に制限があると使いにくいので、本記事では容量無制限のサービスを中心に後ほど解説する。

クラウドストレージの多くが、専用アプリを使ってiPhoneで撮影した写真を自動でアップロードするサービスを提供している。ただし、サービスごとに保存できる容量に違いがあり、画質やサイズを落として保存される場合もある。自分の用途に合ったサービスを選択する必要がある
[画像のクリックで拡大表示]

自分のパソコン内に保存する

 iPhoneの写真のバックアップ先としてパソコンを利用する方法もある。内蔵ストレージの他に外付けのストレージを使用すれば、容量は無制限といってよいだろう。写真の画質が落ちることもなく保存できるもの長所だ。

 ケーブルやWi-Fi経由でiPhoneをパソコンに接続して、写真をパソコンに保存する。保存された写真は、パソコンのアプリを使って管理できる。Windows 8や10では「フォト」アプリ、Macでは「写真」アプリなど、写真を管理することができるアプリが標準でインストールされている。

 短所は、パソコンを持っていなければ利用できないことだ。また、パソコンに保存した写真には、基本的には外出先からアクセスすることができない。

iPhoneにパソコンをケーブルで接続すると、標準のアプリが起動して自動的にiPhone内の写真をバックアップできる。画像はWindows 10に標準インストールされている「フォト」アプリ。Macでは「写真」アプリが用意されている
[画像のクリックで拡大表示]

NASに保存して外からアクセス

 NASは、Network Attached Storage(ネットワークアタッチトストレージ)の略で「ナス」と呼ばれる。見た目は外付けストレージで、中身はハードディスクであることがほとんどだ。外付けストレージと異なるのは、パソコンに接続することなく、単体でLANなどのネットワークに接続して、パソコンやスマートフォンなどから利用できるところだ。

 最近はクラウド機能を持ったNASが登場している。自宅のネットワークに接続すれば、インターネットを介して簡単にアクセスすることができる。iPhoneから削除した写真も、好きなときに見たり、iPhoneに写真をダウンロードしたりなど、クラウドストレージと同じように利用できる。

 クラウドストレージに比べて、圧倒的に大容量(500GB〜2TBなど)で、一度購入してしまえば、追加費用なしで利用できるところが最大の長所だ。写真もオリジナル画質のまま保存できる。スマートフォンでの使用が想定されている製品が多く、パソコンを持っていなくても、専用アプリから簡単に設定できる点も長所の1つだ。短所は、製品を購入するために初期費用(1万5000円〜3万円程度)がかかるところだろう。

 本記事ではこれから、iPhoneの写真保存に適した3つのクラウドサービスを詳しく解説していき、最後にWindowsパソコンへの保存方法も紹介する。

アイ・オー・データ機器のスマートフォン向けパーソナルクラウドストレージ「ポケドラCloud(HLS-Cシリーズ)」(1万1000円~)は、NASとして動作するだけでなく、自前のクラウドを作成できる。インターネットに接続できれば、外出先からでも写真を保存したり、ダウンロードしたりといった使い方ができる
[画像のクリックで拡大表示]