5.7型ディスプレーの縦横比は18:9に

 イメージセンサー技術に強みを持つソニーらしい高性能カメラを武器に、国内で絶大な人気を誇ってきた「Xperia」シリーズ。しかし、ソニーモバイルコミュニケーションズ(東京・品川)の端末出荷台数は年を追うごとに減っており、国内出荷台数のシェアでは「AQUOS R」「AQUOS sense」などが好調なシャープに抜かれるなど、人気に陰りが見え始めている。

 そのソニーモバイルが2月26日、スペインのバルセロナで開催されている「Mobile World Congress 2018」に合わせて新モデル2機種を発表した。会場で紹介されたのは、スタンダードモデルの「Xperia XZ2」と、コンパクトモデルの「Xperia XZ2 Compact」だ。ところが両モデルとも前モデルである「Xperia XZ1」シリーズから大幅に仕様変更されていたため、関係者に驚きが広がっている。

ソニーモバイルが新たに発表したXperia XZ2(左)と、Xperia XZ2 Compact
[画像のクリックで拡大表示]

 まずXperia XZ2の大きな変更点が、スマートフォンの顔とも言えるディスプレーと本体のデザインだ。

 Xperia XZ2のディスプレーの縦横比は、前モデルまでの16:9ではなく、現在のトレンドとなっている18:9。5.7型の大画面ながら片手でも持ちやすくなると同時に、端末の外観も大きく変わった。

 また、Xperia XZ1が採用していたのは、スクエアな外観ながら側面に丸みを持たせた「ループサーフェス」デザイン。だがXperia XZ2では、3D曲面ガラスとメタルフレームを用いて背面全体に丸みを持たせた「アンビエントフロー」デザインが採用された。そのため最厚部の厚みは増したものの、より手にフィットする形状となっている。

 そしてもう1つ、大きな変更が加えられたのが指紋認証センサーの位置である。従来は本体右側面の電源ボタンがセンサーも兼ねていたが、Xperia XZ2では本体背面に配置された。この変更は、主に左手に端末を持って利用する人など、従来の配置を使いにくいと感じていた人にはうれしいところだろう。

Xperia XZ2が搭載する5.7型ディスプレーの縦横比は18:9。大画面と持ちやすさを両立させている
[画像のクリックで拡大表示]
丸みのあるガラスが特徴的なXperia XZ2の背面。指紋認証センサーも背面に移動した
[画像のクリックで拡大表示]