新規契約時にしか入れない?

 格安スマホ・格安SIMの保証オプションでは、加入するタイミングに気を付けたい。なぜかといえば、一部の通信会社を除き、保証オプションに加入できるのは格安SIMの契約時や格安スマホの購入時に限られるからだ。

 各社の担当者に確認したところ、契約時にのみ加入できるのは、故障してから加入するのを防ぐためだという。毎月のオプション料金は、保証を受けるための掛け金にあたる。他の加入者との公平性を期すためには、加入タイミングの制限はやむを得ないだろう。

 持ち込み端末向けの保証に限り新規契約後でも加入できる「mineo」(ケイ・オプティコム)や「BIGLOBE SIM」(ビッグローブ)でも、加入から保証が有効になるまでタイムラグがある。mineoは申し込んだ月の翌々月、BIGLOBE SIMは翌月から保証の対象期間に入る。加入から最長2カ月間は無保証になることを承知しておこう。

 また、保証を受けられる期間にも限りがある。例えば、mineoの持ち込み端末向け保証オプションの場合、「バッテリーなどの耐用年数も含め、一般的な端末の取り替えサイクルがおよそ3年であることを踏まえて」(mineo担当者)発売から3年後の年末までを保証対応期間としている。2016年に発売されたP9 liteの場合、保証対応期間は2019年12月末までとなる。

 これから格安スマホ・格安SIMに乗り換えることを検討している人が保証オプションを踏まえて通信会社を選ぶ際は、新規契約時に保証に加入するのをお忘れなく。

(文/松村武宏)