米国時間2月22日、米Airbnbは2028年までの10年間に年間ゲスト数十億人の突破を目指すためのロードマップを発表した。同日の報道関係者向けの発表会では、共同創立者の一人であるブライアン・チェスキー氏が登壇。彼が語った旅行者向けのサービス内容の刷新について解説する。

米Airbnbの共同創立者の一人、ブライアン・チェスキー氏
[画像のクリックで拡大表示]

膨大なデータベースの中から最適な宿泊先を探しやすく

 Airbnbの宿泊施設の件数は世界で450万を超え、同社は今や世界最大級の巨大な部屋および家のデータベースを保有している。ここまで巨大なデータベースになると、目的地やエリアを絞り込んでも、その先は「シェアルーム」「個室」「一軒家」の3つのカテゴリーでしか物件を検索できない。

 3つのカテゴリーの中で最も多いのは「一軒家」なのだという。そこで、これを細分化し、オーストリアの山小屋のような「バケーションホーム」、ボートのキャビンやツリーハウスのような「ユニークな施設」、「B&B」「デザイナーズホテル」の4つのカテゴリーを追加することにする。2018年夏から、旅行者は7つのカテゴリーでの検索が可能になる。

 とはいえ、増え続ける物件から最適な部屋を見つけることはまだ難しいかもしれない。今後は「コロニアル」「コンテンポラリー」のような建築様式や、「シェフ用キッチン」「ベビーベッド」のような室内の設備などを軸とした高度な検索の実現も視野に入れるという。