最近の無線LAN(Wi-Fi)ルーターで多くの製品が売りにしているのが、スマホのWi-Fi速度を上げる「ビームフォーミング」という機能だ。どのような機能なのか解説しよう。

 無線LANルーターは通常、Wi-Fiの電波を全方位に均等に飛ばす。そのため、効率はかなり悪い。それを改善するのが、ビームフォーミングという機能だ。

 ビームフォーミングは無線LANルーターがスマホなどの位置を推測し、電波の送信方法を工夫して端末がある位置に最適な電波を送信する。従来の送信方法よりも通信品質が上がり、スマホのWi-Fiの速度低下を防げる。

ビームフォーミング対応を売りにする無線LANルーター製品が増えている。電波の送信方法を工夫し、端末がある位置の電波状況を改善できる機能だ。画面はアイ・オー・データ機器のウェブページより
[画像のクリックで拡大表示]