携帯電話やスマートフォンでプレーするモバイルゲームのプラットフォームは、ブラウザーベースからアプリに移行し、近年はずっとアプリが優勢だった。だが、ブラウザーがHTML5に対応したことで、再びブラウザーベースに戻りつつある。ブラウザーベースのゲームを配信する楽天ゲームズの「RGames」、ヤフーの「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」に続き、BXDが「enza」を2018年春に開始する。その狙いとは何か。

左からBXD取締役の内藤裕紀氏、タレントのカラテカ・入江慎也氏、鈴木咲さん、BXD社長の手塚晃司氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年2月20日、BXDはバンダイナムコ未来研究所で新サービスの発表会を開催した。BXDはバンダイナムコエンターテインメントとドリコムが設立した合弁会社で、HTML5を活用したスマートフォン向けブラウザーゲームを開発している。今回の発表は、HTML5ベースのブラウザーゲームのプラットフォーム「enza」を2018年春に開始するというものだった。

「enza」のロゴマーク。enzaは「円座」に由来しており、気心が知れた仲間たちが集まって、ワイワイ楽しめる場所にするという理念が込められている
[画像のクリックで拡大表示]
プラットフォーム内の支払いは、バンダイナムコの電子マネー「バナコイン」に統一。バナコインを購入する際の決済方法は、クレジットカードのほか、ウェブマネーやケータイ払いにも対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 サービス開始に合わせてローンチするタイトルは『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』『アイドルマスター シャイニーカラーズ』『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』の3つ。いずれもも固定ファンがいる人気タイトルで、既に開始している事前登録の登録数もアプリゲームのタイトルと比べて遜色ない。

 なお、enza内の支払いは、バンダイナムコの電子マネー「バナコイン」に統一。バナコインの購入代金は、クレジットカード、ケータイ払い、ウェブマネーなどが利用できる。

『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』。手持ちのカードからランダムで選ばれた2枚のどちらかを選んで相手とバトル。左上の数が大きいほうが攻撃権を持ち、攻撃力分を本体のHPから削り取れる。写真の場合、孫悟空のHPは31300、フリーザは32900。この数値がゼロになると敗北
[画像のクリックで拡大表示]
クリリンが倒されると悟空の能力が発動し、スーパーサイヤ人に。組み合わせや状況によってカードの能力も変化する
[画像のクリックで拡大表示]
「アイドルマスター」シリーズの最新作『アイドルマスター シャイニーカラーズ』はアイドルを育て、オーディション合格を目指したり、ライブでライバルグループと対決したりする
[画像のクリックで拡大表示]
アイドルとしての能力を鍛え、ファンを多く獲得するとオーディションにも合格しやすくなる
[画像のクリックで拡大表示]
「ファミスタ」と銘打っているが、基本的に試合はアクションで行うのではなく、自動的にシミュレートされる。ピンチやチャンスになると画面のような表示になり、バッターやピッチャーに指示を与えられる
[画像のクリックで拡大表示]
技、速、力のカードが三すくみになっており、強いカードを出したほうが良い結果になりやすい。カードにもレア度があり、レア度が高い方が効果も高い。ただし、必ずしも結果につながるわけではない
[画像のクリックで拡大表示]