2016年は、新たに配信を開始したスマホ用カードゲーム『Shadowverse』(シャドウバース)が「Google Play Best of 2016」でゲームの部・ベスト対戦ゲーム部門大賞を受賞。スマホ用アプリゲームに限らず、アニメやマンガ分野にも積極的に進出するなど、ビジネスの場を広げているのがCygamesだ。テレビCMでも認知度を上げた『グランブルーファンタジー』でも知られる。そんな同社の現況、および今後の事業展開はいったいどんなものになるのだろうか? そして、今後のゲーム業界をどのように見ているのだろうか? 同社常務取締役であり、『シャドウバース』のプロデューサーも務める木村唯人氏に話を聞いた。

(聞き手/鴫原盛之、写真/シバタススム)

木村:唯人(きむらゆいと)
Cygames常務取締役
東京大学大学院卒業後、カナデン、シリコンスタジオを経て、2011年、代表の渡邊耕一とともに創立メンバーとして、Cygamesに参加。『神撃のバハムート』や『グランブルーファンタジー』『シャドウバース』のプロデューサーを務め、2015年4月より現職。『PROJECT LOST ORDER』『プリンセスコネクト!Re:Dive リダイブ』といった今後リリース予定の新作タイトルのプロデューサーも担当するなど、経営と並行して、ゲーム開発にも深く携わっている。
[画像のクリックで拡大表示]