測定する歩数はどこまで正しいか?

 では、iPhoneで測る歩数はどこまで正確なのだろうか? 筆者の自宅近所の公園にあるトリムコースで歩数を測ることにした。

 トリムコースは、1周するとちょうど1000mになる。5周してそれぞれの測定データと、平均をまとめたのが以下の表だ。実測値は、実際に数えた歩数。実測値とiPhone上の歩数を比較すると差があるような気がしたが、平均すると約1200歩で、差はたったの3歩。誤差は0.18%だった。

iPhoneの計測値は、実測値とほぼ変わらないことが分かった

 iPhoneは足が地面に着地するときの振動を加速度センサーが感知し、歩数をカウントしている。また、3次元空間の移動を捉える「3軸加速度センサー」に加え、本体の回転も3次元空間でとらえる「3軸ジャイロ」が搭載されているため、バッグやポケットに入れるなど、異なる状態でも正確に歩数をカウントできる。ちなみに、今回はリュックの中に入れて測定した。

歩数の測定は、近所のトリムコースで行った。ジョギングやウォーキング用のコースなので歩きやすく、距離もわかるので一石二鳥だった
[画像のクリックで拡大表示]