2018年2月10、11日、幕張メッセではゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議2018」が開催された。昨年秋以降、新団体の発足やプロライセンスの発行、賞金の高額化など、eスポーツ関連の話題が増えているが、それ以前からゲーム大会の場となってきたのがこの闘会議だ。eスポーツの興隆で闘会議の在り方も変わるのか。ゲームライターの岡安学氏がリポートする。

 「闘会議」は今年で4回めを数え、毎年来場者が増えている人気のゲームイベントです。特に今年は日本eスポーツ連合(JeSU)によるプロライセンスの発行や高額賞金付きトーナメントが行われ、注目度が高まりました。

先行してプロライセンスが発行され、ライセンス保持者によるトーナメントが開催された『ストリートファイターV』
[画像のクリックで拡大表示]

 eスポーツやプロライセンス発行に関しては別記事が詳しいですが、今年の闘会議はeスポーツ関連なしには語れないものがありました。メインステージは「レッドステージ」「グリーンステージ」「ブルーステージ」と3つあり、それぞれがJeSU関連のゲームトーナメントを開催していました。ほかにも「PlayStation」ブースや「スプラトゥーン甲子園」ブース、「XFLAG BATTLE STADIUM」といったブースもあり、そこかしこでゲーム大会が開かれていました。

 そういう意味では、闘会議の特徴である“観る”と“参加する”の要素のうち、一般客にとっては“観る”の比重が高くなった印象です。複数のステージを見て回る感覚は、音楽フェスに近いかもしれません。それでも、「auひかり ホームX(テン) 10ギガ」ブースでは、『ストリートファイターV』のプロゲーマーである板橋ザンギエフ選手、立川選手と希望者が対戦できるなど、参加する楽しみも用意されていました。

レッドステージのオープニングイベントでは、JeSUの理事がeスポーツの今後について語っていました
[画像のクリックで拡大表示]
「auひかり ホームX(テン) 10ギガ」では、プロゲーマーの板橋ザンギエフ選手もしくは立川選手と対戦ができるイベントを開催
[画像のクリックで拡大表示]