会場を満たしたのは、16組の親子たちの笑顔、笑顔、笑顔! 2018年2月17、18日に都内某所で任天堂が開催した体験型イベント「Nintendo Labo Camp!」(ニンテンドー ラボ キャンプ)は、参加者みんなが親子で工作に熱中し、満面の笑みになるという、かつてないタイプのゲーム体験会だった。既にロンドンやニューヨークで同様の体験会は開催済みだが、ついに日本で開催されたので、その様子をリポートしよう。

 今回のイベントは、任天堂が4月20日に発売予定の「Nintendo Switch」向けオプションパーツ「Nintendo Labo」を抽選で選ばれた親子が先行体験できるというもの(関連記事:Nintendo Laboを生んだのは日本独自の工作文化だ)。Nintendo Laboは段ボール製の組み立てキットになっており、Nintendo Switchと組み合わせることで、さまざまなコントローラー(トイコン)を作ってゲームを楽しめる。イベントでは、任天堂スタッフのアドバイスの下、親子で力を合わせてトイコンを完成させた。

任天堂が4月20日に発売予定の「Nintendo Labo」は同梱された段ボール、ひも、輪ゴムなどを使って組み立てたパーツとNintendo Switchを組み合わせて遊ぶ。写真は「Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit」。別に「Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit」もある  (C)2018 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]
イベントには16組の親子が参加。会場には4つの作業スペースがあり、2つが低学年用、2つが高学年用に分かれていた。とはいえ、年齢を問わず、用意されていた工作作業は同じもの
[画像のクリックで拡大表示]