カプコンがPlayStation4(PS4)向けゲーム『モンスターハンター:ワールド』を2018年1月26日に発売した。待ちに待った「モンスターハンター」シリーズの最新作だ。売り上げも好調で、発売3日間の国内出荷本数は135万本(ダウンロード版除く)。全世界では発売2週間で600万本(ダウンロード版含む)出荷を記録した、まさに“モンスター”ソフトだ。

「モンハンシリーズ」の新作『モンスターハンター:ワールド』
[画像のクリックで拡大表示]

 「モンスターハンター」シリーズは、オンライン、オフラインを問わず、多人数プレーが楽しめるアクションゲーム。もちろん、1人でも楽しめる。恐竜のようなモンスターが闊歩する世界で、食材や、武具、防具の素材になるモンスターを狩るのが目的だ。

 モンスターハンターの最初のタイトルはPlayStation2で発売され、オンライン対応タイトルとして登場。PSPで発売した『モンスターハンターポータブル』は爆発的な人気になった。特に『モンスターハンターポータブル 2nd』『同2nd G』は社会現象と言えるほどヒットし、ファーストフード店でPSPを持ち寄りプレーしていた高校生が散見されたものだ。

 ナンバリングタイトルもWiiでリリースした『モンスターハンター3』を最後に、携帯機向けタイトルの発売が続いた結果、据え置き機での発売は実に8年ぶり。その間に発展した据え置き機ならではの圧倒的な処理能力とグラフィック性能で、『モンスターハンター:ワールド』では先進で最高の“狩り”が楽しめる。

 今回のヒットを受けて、プロデューサーである辻本良三氏に『モンスターハンター:ワールド』の見どころについて聞いた。

『モンスターハンター:ワールド』のプロデューサーを務めるカプコン執行役員 CS第三開発統括 兼 MO開発統括の辻本良三氏
[画像のクリックで拡大表示]