アミューズメント機器の製造販売を手がけるコーエーテクモウェーブは、ゲームセンターなどのアミューズメント施設向けにVR(仮想現実)専用の新型ゲーム筐体「VR SENCE」を開発した。2017年2月10~12日、千葉・幕張メッセで開催されたアミューズメント施設向けゲームの展示会「ジャパン アミューズメント エキスポ2017」(JAEPO 2017)で一般公開した。

VR専用の新型ゲーム筐体「VR SENCE」
[画像のクリックで拡大表示]

 VR SENCEは、「PlayStation 4」(PS4)本体とヘッドマウントディスプレーの「PlayStation VR」(PSVR)、モーションコントローラーの「PlayStation Move」を搭載し、可動する座席や小型ディスプレーなどの装置を一体化したVR専用マシン。ゲームセンターなどにある一人乗りゲーム筐体と同等のサイズに収めることで、スペースに限界のある施設でも設置しやすくした。

 また同製品は、ほかのVR機器にはないユニークな機能を備えている。一つは、ゲームプレーに合わせて、6軸(前後・左右・上下×各軸の回転)方向に可動する座席だ。さらにその座席に向けて、さまざまな香りやミスト、温風や冷風を吹きかける機能、映像に登場する物体の動きに合わせて、物体がサッと体に触れるギミックなどもあり、ゲームの演出に合わせて視覚・聴覚以外も刺激することで、よりリアルなVR体験を実現する。

VR SENCEにはPS4、PSVR、可動式の座席や小型ディスプレーなどが組み込まれている
[画像のクリックで拡大表示]

 開発の陣頭指揮を執ったコーエーテクモホールディングスの襟川恵子会長によると、VR SENCEの開発で特に気をつけたのが安全性だと説明する。アミューズメント施設に設置するVR機器はヘッドマウントディスプレーでプレーヤーの視界を覆うので、転倒を防止したり、荷物を管理したりするオペレーターが別途必要になることが多い。

 VR SENCEは外部と隔離した筐体にすることで、オペレーターなしでも運営できるようにする。つまり、現状のアミューズメント施設の安全管理態勢を大きく変更せずに、導入できるメリットがある。JAEPOの同社ブースに展示した試作機は完成形ではなく、まだ実装されていない機能などもあるが、発売を予定する2017年夏までには検証を重ねて、製品化を目指すという。

 「VR SENCEには、(従来のアミューズメント施設だけではなく)ホテルや病院、パブリックスペースなどでも活用できる可能性がある。新しい用途を開拓して、このVRで成功したい」と襟川会長は意気込む。

コーエーテクモホールディングスの襟川恵子会長
[画像のクリックで拡大表示]

 製品版にはVRソフト3本をプリインストールする予定で、同社グループの家庭用ゲームタイトルをベースにした『VRアクション 真・三國無双(仮)』、新作タイトル『ホラーSENCE ~だるまさんがころんだ~(仮)』、競馬をベースにした『GI JOCKEY SENCE(仮)』などを開発している。ゲームタイトルやシステムソフトをネットワーク経由で追加ダウンロードできるようにする計画だ。本体価格やソフトウエア料金などは未定。

(文/渡辺 一正)