2016年秋、イヤホン端子がないiPhone 7が発売された。iPhone 7にはLightning端子に接続するイヤホンも付属しているが、「充電にも用いるLightning端子がイヤホンで塞がるのは不自由」「音質的にサードパーティー製のイヤホンを使いたい」という声が多い。

 そのため、ワイヤレスで接続できるBluetoothイヤホンは、イヤホン市場全体のなかでも販売比率を一気に増している。今、最もトレンドとなっているデジタル製品のひとつだといっていいだろう。

 Bluetoothイヤホンでは、アップル純正の完全ワイヤレス製品「AirPods」が注目を集めている。確かによくできた製品だが、1万6800円と高価。それもあり、手軽に購入できる1万円以下のイヤホンに注目が集まっている。

[画像のクリックで拡大表示]

電池持ちは「4時間以上」を目安に

 Bluetoothイヤホンを選ぶ際の基礎知識をおさらいしておこう。

 Bluetoothイヤホンはスマホとの通話機能も含めた「ヘッドセット」と呼ばれることもある。ただ、日本ではハンズフリー通話の人気は薄いこともあり、本記事では基本的に音楽を聴くためのBluetoothイヤホンを紹介している。

 スペックとして注目すべきは、バッテリーの駆動時間。通勤・通学では4時間以上が目安で、長ければ長いほど充電せず使える日数が伸びる。

 また、対応するBluetooth規格バージョンは省エネ性能にかかわる。高音質コーデックの「AAC」「apt-X」に対応しているかどうかも音質に影響するが、音質はイヤホン部の品質とも関係してくるため、コーデックは参考程度に考えたい。

 もうひとつ、選ぶ前にチェックしたいのが製品の形状だ。

 大部分のBluetoothイヤホンはワイヤレスといいつつも、イヤホン左右をつなぐケーブルとリモコン部が存在する。特にリモコンがどの位置にあるかは注目してみてほしい。通勤・通学では手元にあったほうが便利、ランニングなどスポーツ用途ならあまり使わないので首もとでよい、などと好みは分かれるはずだ。

 今回は上記の点を踏まえて、ネット通販サイトなどで人気の5000円以下の製品を5つ比較評価した。音質に加えて、操作性や装着感も5段階で評価している。最後に総合評価と、筆者のおすすめ製品を述べる。