どんな端末を買えるのか?

 前述のように、楽天モバイルではSIMフリースマホと格安SIMをセットにした格安スマホを扱っている。2017年2月時点では13機種のスマホが販売されており、この他にもケータイ1機種、タブレット5機種なども取り扱っている。

 代表的な機種は、格安スマホとしては楽天モバイルが独占販売するファーウェイの「Mate 9」(一括販売価格6万800円)や「honor 8」(同4万2800円)だ。どちらも2つの背面カメラを搭載する写真撮影に強いスマホで、Mate 9は処理性能が優れている一方、honor 8はコストを抑えた機種になっている。

Mate 9
[画像のクリックで拡大表示]
honor 8
[画像のクリックで拡大表示]
Mate 9とhonor 8のスペック
[画像のクリックで拡大表示]

 また、大手携帯電話会社のスマホではおなじみのおサイフケータイや防水防じんといった機能を持つシャープの「AQUOS SH-M04」(同2万9800円)や、耐衝撃性能も備えた富士通の「arrows M03」(同3万2800円)も販売している。

AQUOS SH-M04
[画像のクリックで拡大表示]
arrows M03
[画像のクリックで拡大表示]
AQUOS SH-M04とarrows M03のスペック
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、基本料金・通話定額オプションの料金・スマホの端末代がすべてセットになった「コミコミプラン」でも、honor 8・AQUOS SH-M04・arrows M03が購入できる。honor 8は月額料金3480円(1年目。2年目は4480円)の「コミコミプランLL」で購入可能。AQUOS SH-M04は月額料金2480円(同3480円)の「コミコミプランM」、arrows M03は月額料金2980円(同3980円)の「コミコミプランL」で選ぶことができる。