[画像のクリックで拡大表示]

 2016年9月末時点で600社以上もの通信会社から提供されている格安SIMでは、もともと通信サービスを提供してきたインターネットプロバイダーだけでなく、流通や不動産といった異業種からの参入も多い。

 なかでも近年、急成長しているのが、ネット通販大手の楽天が提供する格安SIMサービス「楽天モバイル」だ。2016年10月にMMD研究所が発表した調査結果によると、楽天モバイルは「メインで利用されている格安SIM」で1位を獲得。2014年10月のサービス開始から2年で、格安SIM市場のトップに躍り出る成長ぶりを見せている。

 楽天モバイルは「格安スマホの品ぞろえ」「リアル店舗」「楽天スーパーポイント」の3つに力を入れている。特に、大手携帯電話会社からの乗り換え需要を見越し、スタッフと相談しながら契約を進めたり、スマホの使い勝手を実際に確かめたりできる楽天モバイルショップの展開を全国で進めており、2017年3月末までに150店舗の開設を目指している。これらの施策が功を奏したのだろう。

 そこで今回は、格安SIM市場で人気1位の楽天モバイルの長所と欠点を、ライバルの通信会社と比べながら探っていきたい。

初心者向けの料金プランもある

 2017年3月時点で、楽天モバイルでは通信容量が月3.1GBまでの標準的なプラン(音声通話SIMの月額料金1600円)をはじめ、月30GBまでの大容量プラン(同6150円)、通信速度は低速ながら毎月使い放題のプラン(同1250円)など、合計6種類の料金プランを提供している。どのプランも、前月に余った通信容量を最大5回線で共有する「データシェア」オプション(月額100円/1回線)が利用できる。

楽天モバイルの料金プラン
[画像のクリックで拡大表示]

 このうち、音声通話に対応するSIMでは、各通話最初の5分間が無料で通話できる「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル」(月額850円)をオプション契約できる。5分を超えた分の通話料金も、通常の半額となる30秒当たり10円になる。

 また、楽天モバイルでは、好きな通信会社で使える「SIMフリースマホ」と楽天モバイルの格安SIMをセットにした「格安スマホ」も販売しており、一部の格安スマホでは、スマホの端末代と5分かけ放題オプションがセットになった専用プラン「コミコミプラン」を契約できる。コミコミプランはスマホの機種や毎月の予算から選ぶだけで手軽に格安スマホをスタートできる、シンプルさが特徴の初心者向けプランとなっている。

コミコミプランの詳細
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天スーパーポイントが利用できるのも楽天モバイルならではの特徴だ。楽天モバイルを使うことで100円当たり1ポイントがたまる他に、楽天モバイルの月額料金や格安スマホの本体・オプション品購入時に、楽天スーパーポイントを使って支払うこともできる。楽天モバイルの音声通話SIMを契約していると、楽天市場利用時のポイントが常に2倍になる特典もある。