プロダクション・アイジーが石森プロと共同で製作したアニメシリーズ『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』(COJ)が、2017年2月10日から動画配信サービス「Netflix」で全世界向けに独占配信される。石ノ森章太郎原作の名作「サイボーグ009」シリーズの最新作で、全12話からなるアニメシリーズ。数々のアニメ作品を世に送り出し、日本のアニメを牽引する企業の一つとして海外でも広く知られるプロダクション・アイジーだが、企画段階から全世界への発信を前提にした作品を手掛けるのは初めてだ。

 さらに、Netflixと共同で製作する新作アニメシリーズ『パーフェクト・ボーンズ』の企画も進めている。映画『キル・ビル』(2003年公開、クエンティン・タランティーノ監督)のアニメパートの監督を担当した中澤一登氏が監督を務め、2017年中にNetflix独占で190カ国に同時公開される予定だ。

『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』。2012年に公開された劇場作『009 RE:CYBORG』を監督した神山健治氏は総監督となり、『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC』などの助監督を担当した柿本広大氏が初めて監督を務めた。製作は石森プロとプロダクション・アイジー。アニメーション制作は、シグナル・エムディとOLMデジタル。
(c) 2016 「CYBORG 009」 製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 これらのプロジェクトが実現した背景には、日本発のアニメが世界のユーザーに向けたキラーコンテンツになるとみて注力するNetflixの戦略がある。一方で、プロダクション・アイジーにとっては、国内外に作品を発信していく新たなチャンスだ。Netflixをはじめ、アマゾンプライム・ビデオ、Huluなど、近年はオリジナル作品や独占公開のコンテンツに注力する動画配信サービスが増えてきた。これまで劇場公開やテレビ放映を経て、その後、Blu-rayなどのパッケージを販売するというビジネスモデルが主流だったが、新たに動画配信サービスという“出し先”が加わる。

 しかも、Netflixには、米国の利用者の85%以上が視聴のきっかけにするという強力なレコメンド機能がある。これまで質が高いとされながらも、海外では一部のファンにしか知られていなかった日本のアニメがNetflixでの配信によってより広い層にリーチできる可能性は高い。ターゲットとなる市場が国内だけから海外にも広がれば、新たな出資者の確保や予算の回収にもプラスに働くはずだ。

 そこで、プロダクション・アイジーの取締役企画室担当の森下勝司氏に、Netflixでの独占配信に至った経緯や全世界配信を前提としたときのビジネスモデルや制作方針の違い、今回新たに採用したフル3DCGによる映像について聞いた。なお、森下氏はプロダクション・アイジーのグループ会社で、今回、COJのアニメーション制作を担当したシグナル・エムディの社長も務めている。