[画像のクリックで拡大表示]

 ASUS(エイスーステック・コンピューター)は2016年12月、スマートウォッチZenWatchシリーズの最新モデル「ZenWatch 3」(3万3000円〜)を発売した。

 ZenWatch 3は円形ディスプレーを搭載し、サイドのボタンでアプリを素早く起動できるなど、従来機から改良されている点が多い。今回はAndroid Wearを搭載するZenWatch 3を、あえてiPhoneと組み合わせてレビューする。

デザインを一新、完全な円形に

 日本で初代ZenWatchが発表されたのは2014年10月のこと。SIMフリー市場の火付け役となったスマートフォン「ZenFone 5」と同時に発表され、注目を浴びた。当時はまだスマートウォッチのバリエーションは少なかったこともあり、ラグジュアリー感を打ち出したデザインは先駆的であった。

 初代ZenWatchシリーズは四角形のディスプレーを採用した。アナログ時計でいう「レクタンギュラー(長方形)」よりも横幅が長い、スマートウォッチらしい形状が特長だった。2015年11月に発売されたZenWatch 2でもこのデザインが採用されている。

 ただしディスプレーはベゼル部分が広く、ケースの大きさの割に表示部分が小さい、というマイナス点もあった。

2015年11月発売のZenWatch 2
[画像のクリックで拡大表示]

 新しく発売されたZenWatch 3では、デザインが一新されている。完全な円形ディスプレーを採用し、クロノグラフのようにサイドボタンを搭載した。サイズ感としては男性向け時計に近いが、従来通りのラグジュアリー感は健在だ。

 評価できるのは、円形ディスプレーを採用するモデルにしては筐体が薄いこと。本革バンドも長時間装着するのに適している。バンド・ケースともに暗めのカラーを選択すれば、普通のアナログ時計に近い感覚でコーディネートしやすい。

 スペックとしてはCPUにSnapdragon Wear 2100を搭載。メモリー容量は512MBで、4GBのストレージを備える。また、加速度、ジャイロを含む6軸センサーのほか、光センサーを内蔵。Bluetooth 4.1をサポートしている。

2016年12月発売のZenWatch 3。有機ELのAMOLEDディスプレーを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
本体のサイズは45 ×45 ×9.95~10.75 mm、質量は48g
[画像のクリックで拡大表示]
バンドは交換できる
[画像のクリックで拡大表示]