アマゾンジャパンは2016年1月21日、写真ファイルを無制限で保存できる「プライム・フォト」サービスを日本で開始した。Amazonプライム会員なら無料で利用できる。米国では2014年10月に開始しており、アジアでは日本が初となる。

 Amazonプライムサービスは、購入した商品をいち早く届ける「お急ぎ便」を追加料金なしで利用できたり、動画配信サービス「プライム・ビデオ」や音楽配信サービス「プライムミュージック」などのサービスが利用できる会員制プログラムだ。新たにプライム・フォトも使えるようになった。

 プライムサービスの強化という位置づけだが、同様のサービスであるグーグル「Googleフォト」の競合サービスともいえる。何がスゴくて、またGoogleフォトと比べてどこが便利なのだろうか?

スマホ写真を自動保存できる

 アマゾンはもともとオンラインストレージサービス「Amazon Cloud Drive」を提供している。こちらはプライム会員でなくとも無料で5GBまでデータを保存できる。新サービスのプライム・フォトでは、プライム会員なら「Amazon Cloud Drive」に写真ファイルを容量無制限で保存できるようになった。従来からある無料の5GB分は他の種類のファイルの保存に利用でき、それに加えて写真ファイルを無制限に保存できる形になる。

 プライム・フォトのスゴさは容量無制限だけではない。スマホで撮影した写真を自動アップロードする「自動保存」機能も付いた。ただし初期設定では、自動保存機能はWi-Fi接続時のみ動作する。

Amazon Cloud Driveはプライム会員でなくても利用できる。アマゾンのページで「カテゴリー」の中から選んで表示する。5GBまでは無料だ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ウェブブラウザーでAmazon cloud Driveにアクセスしたところ。画面の上側にあるメニューで「すべてのファイル」と「写真&ビデオ」を切り替えて使う。プライム・フォトもここから利用できる
Amazon cloud Driveの「写真&ビデオ」。プライム・フォトを使った場合も、同じ画面になる。AndroidやiOS(iPhoneやiPad)の専用アプリでも利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
Android版の「Amazon Photos」アプリの画面。iOS版もほぼ同じだ。プライム・フォトでも、アプリ自体はこれまでのものと変わらない