中学生・高校生向けのプログラミング教育事業を展開しているライフイズテックは、2018年3月18日から4月5日の間、全国6都道府県9つの大学や専門学校を会場にした中高生向けIT・プログラミングワークショップ「Life is Tech ! Spring Camp 2018」を開催する。同ワークショップは2011年7月の開催以来、2万5000名以上が参加している大型イベント。

 東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、関西大学などの大学や、専門学校を会場として、計13回開催する。1つのプログラムで4~5日間。宿泊の有無や会場を選んで参加できる。コースは、3DCGを学ぶMayaコースのほか、IoT、マインクラフト、メディアアート、アプリ、ゲーム、デザイン、アニメーションなど17コースを用意。定員は1200名。

 2020年から始まる小学校でのプログラミング教育必修化のこともあり、これらの講座の内容は、習い事としても関心が集まっている。

[画像のクリックで拡大表示]

「Life is Tech ! Spring Camp 2018」概要

https://life-is-tech.com/camp/

●開催期間
2018年3月18日~2018年4月5日(計13回実施)
(キャンプ日程は各会場によって異なる。1回につき4~5日間のプログラム)

●参加者総数(見込み)
約1200名

●参加申し込み期限
2018年2月28日まで
※各会場・コースの定員に達し次第、受付終了

●料金
5万9200円(4日間通いの場合・税別)~
※宿泊有無や参加日数、機材レンタル有無などに応じて料金は変わる

●割引キャンペーン等
・早割:1月28日までの申し込みで3000円割引
・紹介割:過去にキャンプに参加した人からの紹介で、初めてライフイズテックのキャンプに参加する場合、紹介割引あり(早割と併用可能)
※詳細は上記サイトを参照

(久保田 浩=日経ソフトウエア)