iPhoneとApple Watchをデスクやテーブルの上にベタッと置いて充電している人が多いだろう。見た目がいまひとつスマートでないうえ、デスクの上が片付いていないと置き場を確保するのも苦労する
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルのiPhoneとApple Watchを使っていて、「もっとスマートに充電したい……」と感じる人は少なくないだろう。それぞれのデバイスにケーブルを接続して充電する際、デスクの上にベタッと置くと意外に場所を取るうえ、見た目もいまひとつスッキリしない。

 そこでお薦めなのが、iPhoneやApple Watch用のスタンドだ。Apple Watchの普及を受け、iPhoneとApple Watchをきれいに立てかけられる構造のスタンドが各社から登場しており、最小限の設置スペースで両方のデバイスをスッキリと充電できる。Amazon.co.jpなどのインターネット通販では1000円台で購入できる格安品もお目見えしているが、今回は新生活のプレゼントにも向く上質なデザインの製品に絞って製品の使い勝手を試してみたい。

デスク周りをスッキリさせたいならば、iPhoneとApple Watchを並べてきれいに立てかけられる構造のスタンドがお薦めだ。質感の高い製品も登場し、モノとしての魅力も高い
[画像のクリックで拡大表示]

アクリル製のシンプルなスタンド、コンパクトで黒子に徹するのが好印象

 まず取り上げたいのが、サンワサプライの「デスクトップ充電スタンド PDA-STN12」だ。2枚のアクリル板を直角に交差させたシンプルな形状で、iPhoneとApple Watchをそれぞれ角度を付けた状態で固定して充電できる。iPhoneの底面が接するスタンド上部にはラバーが張られており、重量のあるiPhone 6s Plusを設置した際もズルッと手前に滑ることなく安定して保持してくれる。

 この製品のポイントは、充電時の見た目がとてもスマートになることだ。スタンド自体が比較的コンパクトで存在感が控えめなので、iPhoneやApple Watchが引き立つ。さらに、それぞれの充電ケーブルは背面に回せる構造となっており、ゴチャゴチャとしたケーブルを視界から極力排除できるのが魅力だ。設置に必要な面積は、iPhone 6/6sの大きさとほぼ同等の13×7cmほどで、奥行きがあまり確保できない場所にも設置できるのがよい。

サンワサプライの「デスクトップ充電スタンド PDA-STN12」(実売価格は3400円前後)。肉厚のアクリルを交差させたボディーは、シンプルながら質感は高い。写真はブラックモデルで、ホワイトモデルもある
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone 6sとApple Watchを設置したところ。それぞれのケーブルを背面に回して隠せるので、見た目はとてもスッキリとする。スタンドの存在感が控えめなのも好ましいと感じた
[画像のクリックで拡大表示]

 気になったのが、テーブルなどと接する底面にもラバーが張られているものの、位置が微妙で滑り止めの効果が低く、iPhoneを操作するとスタンドがズルズルと動くこと。購入後、自分でラバーを張り直すと改善されるだろう。また、右下にあるサンワサプライのロゴの存在がややうるさく気になるかもしれない。

 実売価格は3400円前後といまひとつ安くはないが、省スペース性に優れる点は魅力だ。「スタンドはあくまで黒子でよく、過剰な装飾や存在感はいらない」と考える人に向く製品といえるだろう。

側面から見たところ。設置に奥行きをあまり必要としないのがうれしい
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneとApple Watchのケーブルはまとめて背面から引き出せる
[画像のクリックで拡大表示]
丸い穴が開けられた部分にApple Watchの充電コネクターをはめ込む。あまり力を必要とせず、簡単に取り付けられる
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone用のLightningコネクターを留めておく部分が用意されているのが、地味ながら便利だと感じた
[画像のクリックで拡大表示]