「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2017 in Mitaka」の最終審査会が2017年12月2日、東京都三鷹市内で開催された(写真1)。同コンテストは、中学生と高校生を主な対象に、プログラミング言語「Ruby」を使ったプログラムの技術力や操作性、発表力などを競うもの。今年で7回目となる(関連記事)。主催は中高生国際Rubyプログラミングコンテスト実行委員会である。

写真1●最終審査会の参加者。プレゼン前なので緊張が感じられる表情
[画像のクリックで拡大表示]

 今回から、従来の年齢別による部門分けの代わりに、「ゲーム部門」と「クリエイティブ部門」という作品のジャンルによる部門分けに変更された。83作品(ゲーム部門が77作品、クリエイティブ部門が6作品)に及んだ全応募作品の中から、最終審査対象作品としてゲーム部門では6作品、クリエイティブ部門では3作品が1次審査を通過し、それらの作者が最終審査会に参加して自らの作品をプレゼンした。そのプレゼン内容と作品の出来を踏まえて、まつもとゆきひろ氏を審査委員長とする8名の審査委員が部門ごとに最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞を決めた。

 ゲーム部門の最優秀賞を獲得したのは、愛媛県立松山工業高等学校の福永 蓮氏。その作品「ぴったり迷路」は、プレイヤーがボールを操作してゴールに導く迷路ゲーム。プレイヤーが操作するボールの移動速度によるゲームの難易度の調整や当たり判定に苦労したという。

写真2●ゲーム部門の最優秀賞を受賞した愛媛県立松山工業高等学校 福永 蓮氏(右)の発表の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 クリエイティブ部門では、同コンテストの常連といえる千田 小百合氏が作品「Ultimus」で最優秀賞を獲得した。Ultimusは、手書きの数式を認識させて、その数式の計算結果を表示し、Twitterでつぶやくための短縮URLが取得できるWebアプリケーション。外部のサービスを組み合わせて完成度の高いアプリケーションを作り上げた点と、分からないことを自分で調べていく姿勢が高く評価された。

写真3●クリエイティブ部門で最優秀賞を受賞した千田 小百合氏(中央)
[画像のクリックで拡大表示]

 審査委員長のまつもと氏は、「ゲーム部門では、昔のBasicのゲームを彷彿とさせるところもあって、懐かしさを感じた。これからも作品づくりを継続してほしい。クリエイティブ部門では、素晴らしい作品が多く、最優秀賞を決めるのが本当に大変だった」と述べ、新設されたクリエイティブ部門のレベルの高さを評価した。

写真4●講評を述べる審査委員長のまつもとゆきひろ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 同部門でインタプリタ型のプログラミング言語の作品「pinenut programming language」で優秀賞を得た小学5年生の二ノ方 理仁氏にも言及し、「僕は小学生のときにコンピュータのことをよく知らなかった。小学5年生でプログラミング能力を身に付けて言語を作るのは凄いこと。今後もプログラミングを継続して上を目指してほしい」と二ノ方氏と参加者に呼びかけた。

写真5●インタプリタ型のプログラミング言語を作成して優秀賞を受賞した二ノ方 理仁氏
[画像のクリックで拡大表示]

 小学生ということでは、最終審査対象作品からは漏れたものの、小学6年生の吉田 光氏がゲーム「Run!Run!」で奨励賞を受賞。さらに、2012年の本コンテストにおいて小学6年生でU-15の部の最優秀賞を受賞した山内奏人氏が今回から新たに審査員として参加した。

 最終審査会では、ギークタレントとして活躍中の池澤あやか氏も登壇、プログラミングは驚きや感動を作り出したり、自分らしい働き方も実現できる便利な道具である、この道具を使いこなすためには継続して行うことが大事、そのためにも何はともあれ楽しんで作ろうと、会場の中高生たちに呼びかけた。

写真6●池澤あやか氏が登壇、楽しんで作ることの大切さを伝えた
[画像のクリックで拡大表示]