任天堂が新型の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」を2017年3月3日に発売する(関連記事:価格は2万9980円、任天堂「Switch」を写真でチェック)。1月13日に開催されたプレス向けイベントに続き、14、15日に一般向けに開催されたイベント「Nintendo Switch 体験会 2017」も取材したゲームライターの野安ゆきお氏は、そこでの子どもたちの反応から、「これは当たるゲーム機」と断言する。

 任天堂の新しい家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」はきわめて興味深いマシンです。これは「勝ち組」になるマシンだ! と断言していいでしょう。後世に「ゲームの新しい世界を切り開いたね」と評価されるゲーム機として名を残すと思います。なにしろ、1月14、15日に開催された一般向けイベント「Nintendo Switch 体験会 2017」での子どもたちの反応が、すこぶる良かったからです。

 業界人向けに行われた13日の体験会会場では、正直、「可もなく不可もなく」くらいの反応が大勢を占めていましたが、いざ一般消費者たちの体験会になると、反応は全く違いました。こんなにも笑顔で、飛び跳ねるように夢中にゲームを楽しむ子どもたちの姿は、最近のゲーム体験会場では見たことがありません。

反応の熱さは「ニンテンドーDS」や「ポケモン」発売時並み

 大人たちがなまじ知識を持っているため、「過去のゲームと比べ、どこがパワーアップしたか?」と相対的にゲーム機の良し悪しを判断しようとするのを尻目に、シンプルに「面白いかどうか?」という基準で判断する子どもたちが、そこに込められていた新しい魅力に気付いた、ということでしょう。

 実は過去にも、このような現象が何度か起きたことがありました。13年前(2004年)の「ニンテンドーDS」の発表時や、21年前(1996年)の『ポケットモンスター』発売時です。どちらも大人たちの反応は鈍かったのですが、子どもたちから人気に火がつき、全世界的ヒット商品になりました。そんな経験からも、大人が反応せず、しかし子供たちが夢中になるゲームは、ヒットする可能性が高いと予測していいのです。

 では、大人たちが気付かず、しかし子どもたちが気付いた「新しい魅力」とは何なのか? その概略を解説していきましょう。

Nintendo Switch(3月3日発売/29980円)。据え置き型ゲーム機でありながら、マシン本体には6.2型の液晶画面が付いており、取り出すと携帯ゲーム機に早変わりする(撮影:磯修)
[画像のクリックで拡大表示]
Nintendo Switch用のゲームとして本体と同時に発売される『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。体験会での一番人気はこれでした (c)2017 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]
『Splatoon2』。Wii Uで大ヒットを記録した対戦バトルのシリーズ最新作も登場。2017年夏発売 (c)2017 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]