1万〜3万円で買えるコストパフォーマンスの高いAndroidタブレット10機種について、その実力をレビューし、5つ星評価で比べた。製品を選ぶポイントや、今おすすめの機種も紹介する。

持ち歩きには7〜8型がおすすめ

 Androidタブレットは低価格化が進んでおり、大手メーカーが販売する製品でも1万円台から購入できる。7型、8型、10型など、大小いろいろなサイズがあり、用途や目的、利用場所によって最適なタブレットは異なる。

 例えば、通勤中に電子書籍を読むなど、外出先で使うなら小型の7型タブレットが便利だ。7型タブレットは、タブレットとしては小さく軽いので持ち運びしやすい。片手で軽々と持てるので、混んでいる電車内で使うにはうってつけ。自動車内の限られたスペースにも設置しやすい。また、低価格なのでとにかく安さにこだわりたい人にすすめたい。

価格を抑えるなら1万円台の7型Androidタブレットがおすすめ。片手で持ちながら使えるので、移動中にも活用しやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 万能に見える7型タブレットだが、タブレットとしては画面が小さいという弱点がある。画面が小さいと必然的に文字も小さくなるので、ウェブページや電子書籍の文字が読みにくい。

 もし、持ち運びしつつ文字を読むことが多いなら、7型より大きい8型タブレットという選択肢もある。本体が少し大きいぶん、画面が広く文字が大きく表示される。価格も7型タブレットとさほど変わらない。重量も少し重い程度だ。

持ち運びつつ画面の見やすさを要求するなら、8型Androidタブレットが便利
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、頻繁に持ち歩く必要がなければ、より画面が大きい10型タブレットがおすすめだ。一般的にバッテリーの搭載量が7型や8型より大きく、動作時間も長い。大型のタブレットは高価なイメージがあるが、3万円から購入できるモデルもある。

家で使うなら画面が大きい10型Androidタブレットがいい。3万円から購入できる
[画像のクリックで拡大表示]