ソニーが2017年11月に発売したフルサイズミラーレス一眼「α7R III」(ILCE-7RM3)の人気が上々だ。4240万画素の高画素モデルながら、連写性能やオートフォーカス性能を引き上げ、画質と速写性能を両立した点が評価されている。実売価格は37万円前後と高価ながら、価格.comのミラーレス一眼の売れ筋ランキングでは堂々の1位に、デジタル一眼全体でも5位にランクイン。先日掲載した「2017年ベストデジカメ」では、吉村永カメラマンが1位に挙げるなど、プロからも高い評価を受けている。

ソニーの最新ミラーレス一眼「α7R III」。ボディー内手ぶれ補正機構を応用し、解像感を高めた写真を撮影する「ピクセルシフトマルチ撮影」を新たに搭載。どれぐらいの実力を持つのか試した
[画像のクリックで拡大表示]

 従来のα7シリーズにはない特徴として挙げられるのが、新たに「ピクセルシフトマルチ撮影」が加わったことだ。撮像素子を動かして手ぶれを補正するボディー内手ぶれ補正機構を応用した機能で、撮像素子を1画素ずつずらしながら4枚の写真を連続撮影して合成し、通常撮影よりも解像感の高い写真が得られる。特別な装置を取り付けたり高価なレンズを用いることなく、撮影モードを切り替えるだけで高画質化が図れるのが何よりの魅力だ。

 同様の機能は、オリンパスやパナソニック、リコーがミラーレス一眼やデジタル一眼レフで搭載している。α7R IIIは、もともと4240万画素と高画素なのに、さらに解像感が高まるのだろうか? 低価格の交換レンズを使っても、高価な高性能レンズ並みの描写になるのかどうかも気になる。そこで、新機能の実力はどれほどなのか、試してみた。