モバイルノートの購入を考えていて、マイクソロソフトの「Surface Pro 4」を候補にしている人は多いだろう。どんなユーザーに合っているのか、本当にモバイルノートの代わりになるのか。前機種からどこがどれだけ進化しているのか、Surface Pro 3との比較を中心にチェックしてみた。一見すると前機種からあまり変わっていないように見えるが、中身は一新されている。

マイクロソフトの12.3型Windowsタブレット「Surface Pro 4」。キーボード兼カバーのタイプカバーはオプションだ
[画像のクリックで拡大表示]

基本デザインは変更なし

 「Surface Pro 4」はCPUにインテルCoreプロセッサーを搭載する12.3型Windowsタブレットだ。前機種の「Surface Pro 3」(以下Pro 3)とデザインは基本的に変わっていないが、中身は大きく変わっている。前モデルのPro 3は12型で、同じCoreプロセッサーでも2世代前のものを搭載しているため、単純に処理性能はSurface Pro 4の方が高い。

 このほかSurfaceシリーズには10.8型の「Surface 3」もあるが、こちらはCPUにAtomを搭載するので、安価だがSuaface Proシリーズより処理性能は低い。少々ややこしいが3タイプのSurfaceが店頭に並んでいるので混同しないように注意したい。

「Surface Pro 4」は12.3型ディスプレイを搭載する。液晶周囲の額縁部分は狭い
[画像のクリックで拡大表示]
背面には8メガピクセルのカメラを搭載し、1080pのHD撮影に対応する
[画像のクリックで拡大表示]
背面の折り畳み式スタンドで自立する。手に持って使うときも、スタンドを少し開いて指をかけることで安定して持てる
[画像のクリックで拡大表示]
スタンドの角度はPro 3同様に無段階で調整できる。10.8型のSurface 3は3段階でしか変更できない
[画像のクリックで拡大表示]

持ち運びやすさは変わらず

 無断階で角度を調節できる背面のキックスタンドはPro 3と同様だ。ボディーはマグネシウム合金製で感の高さも同じだ。平面サイズはPro 3とほぼ同じだが若干薄くなった。重さはPro3の800gからCore m3モデルで766g、Core i5/i7モデルで786gと少し軽くなっている。

 しかし同時に発売されたSurface Pro 4タイプカバー(カバー兼キーボード)は重さ約310gで、Surface Pro 3タイプカバーの約295gより重くなっている。そのためSurface Pro 4+Surface Pro 4タイプカバーと、Surface Pro 3+Surface Pro 3タイプカバーの組み合わせで比べると重さは大差なく、持ち運びやすさはほぼ同じと言える。

Surface Pro 4(右)の方がやや薄くなっている
[画像のクリックで拡大表示]
それぞれ同時発売されたタイプカバーを取り付けて畳んだ状態で比較すると重さはほぼ同じになる
[画像のクリックで拡大表示]
Surface Pro 4 Surface Pro 3
端末価格 12万4800円~28万9800円 10万7800~23万8800円
画面サイズ(解像度) 12.3型(2763×1824ドット)、タッチパネル、ペン入力対応(1024段階の筆圧検知) 12型(2160×1440ドット)、タッチパネル、ペン入力対応(256段階の筆圧検知)
CPU 第6世代Core m3/i5/i7 第4世代Core i3/i5/i7
メモリー 4GB、8GB、または16GB 4GB、または8GB
ストレージ 128GB、256GB、
または512GBのSSD
64GB、128GB、256GB、
または512GBのSSD
無線機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
カメラ フロント:500万画素、
リア:800万画素
フロント:500万画素、
リア:500万画素
サイズ 292.1mm×201.4mm×8.4mm 292mm×201.3mm×9.1mm
重さ 766g(Core m3モデル)、786g(Core i5/i7モデル) 800g
バッテリー駆動時間 約9時間(動画再生時) 約9時間(Webの閲覧時)
主な拡張性 USB3.0×1、microSDカードリーダー、Miniディスプレイポート USB3.0×1、microSDカードリーダー、Miniディスプレイポート
OSなど Windows 10 Pro、Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス Windows 8.1 ProまたはWindows 10 Pro、Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス
Surface Pro 4とSurface Pro 3のスペック比較表。持ち運びやすさはほぼ同じだが、Surface Pro 4は基本スペックやディスプレイの解像度などが大きく向上している