[画像のクリックで拡大表示]

 LINEやTwitter、FacebookなどのSNSや、特定のアプリを利用した際の通信が無料になったり、一定の料金を払えば使い放題になったりする「カウントフリー」が、格安SIMで広がりを見せている。

 これまで、格安SIMの多くのプランは、月ごとや日ごとに使える高速通信容量が決められており、この通信容量を使い切ると、通信容量が制限されてしまう。どのようなアプリやサービスも、通信容量が残っていなければ低速で通信せざるを得ない。

 通信速度が制限された状態ではデータを読み込みづらくなり、ウェブサイトを閲覧するだけでも多くの時間が必要になる。高速通信容量が不足しないように、容量の大きなプランを選ぶユーザーも少なくない。

 一方、カウントフリーでは、TwitterやFacebookといった対象のアプリやサービスを利用しても、通信量としてカウントしない。どれだけ使っても通信容量を消費しないため、事実上無料で通信できる。結果的に、カウントフリー対象外のアプリやサービスで使える通信容量が増えたり、通信料金を節約したりできる。

カウントフリーのメリット・デメリット
[画像のクリックで拡大表示]