任天堂は米国時間2016年12月15日(日本時間同日17時以降)にスマートフォンゲーム『スーパーマリオ ラン』 を配信する。それに先立ち、プレス向けに体験会を実施した。試してみると、「スーパーマリオシリーズ」らしさを踏まえながらも、操作やゲーム内容はよりシンプルに、繰り返し楽しめる“やり込み要素”を盛り込んだ、スマホらしいゲームになっていた。

スマートフォンゲーム『スーパーマリオ ラン』
[画像のクリックで拡大表示]

 スーパーマリオ ランは、スーパーマリオシリーズとして初めてスマートフォン向けに開発された。2016年9月にアップルがiPhone 7発表した際に初披露。スーパーマリオシリーズは世界的にも人気の高いゲームであることから、話題を集めた(関連記事:触って分かった! iPhone 7の進化点【現地レポート】)。任天堂の人気シリーズのスマホゲームとしては『ポケモンGO』があるが、ポケモンGOの配信元は米ナイアンテックになのに対し、スーパーマリオ ランは任天堂。また、ポケモンGOは基本プレーが無料で、iOS、Androidいずれでも遊べるのに対し、スーパーマリオ ランは1200円の売り切り型、iOS版のみの配信という点も異なる。

 ゲームの内容は「ワールドツアー」「キノピオラリー」「王国づくり」の3つのモードが含まれており、いずれも操作はタップしてジャンプしたりメニューを選んだりするだけ。片手でもプレーできるようになっていた。

 ワールドツアーは過去のスーパーマリオシリーズ同様、6ワールド、全24コースをクリアし、ピーチ姫救出を目指すもの。過去のシリーズと異なるのは、マリオが“自動”で進むことだ。大きな谷間や段差は画面をタップしてジャンプし、飛び越えなければならないが、小さな谷間やクリボー、ノコノコ程度の敵なら、プレーヤーが何もしなくてもマリオはグイグイ進んでいく。昔ながらのスーパーマリオシリーズをやり慣れている身としては、自動で動くマリオにタイミングを合わせてタップするのにしばし慣れる時間が必要だった。

ワールドツアーでは敵を交わし、コインを獲得しながら、コースをクリアしていく
(C)2016 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]
1-4、2-4など、各ワールドの4つめのステージにはおなじみのクッパが待ち構えている。飛び越えるか足の下をくぐって斧を踏むのも同じ
(C)2016 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]

 後述の王国づくりのことを考えると、ワールドツアーでは途中のコインを1枚でも獲得することが重要そう。コインの中にはピンク色のコインがあり、コース内で一定枚数集めると、次にプレーするときは紫、さらには黒と色が変わって難易度が上がるなど、やりこみ要素も用意されている。

 キノピオラリーはゲーム内の友達やほかのプレーヤーと獲得したコインや仲間になったキノピオの数を競うもの。コインを集めつつ、空中でスピンするなどかっこいいジャンプを見せると、仲間のキノピオが増えていく。プレーするたびにランダムでコースが選ばれるようになっており、各コースの難易度はさまざまだった。

キノピオラリーでは、友達やほかのプレーヤーと対戦。かっこいいジャンプを決めると、画面下に仲間のキノピオが増えていく。コインの獲得枚数とゲーム終了時に仲間になっているキノピオの数を競う
(C)2016 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]

 ワールドツアーで集めたコインやキノピオラリーで仲間にしたキノピオを生かせるのが、王国づくり。コインと交換で手に入る建物や植木などを使って自分だけの王国を飾り付けたり、キノピオラリーで仲間にしたキノピオの数に応じて王国が大きくなったりする。

こちらが王国。集めたコインを建物や植木などと交換。仲間になったピノキオが増えてくると、王国の面積も広くなる。この画面では英語表記だが、試作したゲームは日本語になっていた
(C)2016 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]

 スーパーマリオ ランでは、ワールドツアーの1-1から1-3までは無料で遊べる。1-4から6-4までの面を楽しむには1200円の課金が必要。ただし、買い切りのゲームなので、アイテム課金などの追加課金はない。「子供でも安心して遊んでもらえる」(任天堂)としている。

ワールドツアーのメニュー画面。無料でプレーできるのは1-1から1-3まで。1200円を課金すると、すべてのコースが開く
[画像のクリックで拡大表示]

(文/平野亜矢=日経トレンディネット)