フリマアプリ最大手のメルカリは2017年11月27日、フリマアプリ「メルカリ」に新機能「メルカリNOW」を追加した。売りたいものの写真を撮るだけで買取金額が即座に表示され、了承すれば売上金がすぐアカウントに反映されるスピーディーさが売り。通常のメルカリと比べても簡単かつ迅速にモノが売れるメリットを訴求し、利用者層の拡大を狙う。サービスは同日の午後12時から開始しており、メルカリのアプリをアップデートすれば利用できる。

写真を撮るだけで不要品が簡単に売れる新サービス「メルカリNOW」。既存のメルカリよりも簡単かつ迅速に売れるのが特徴だ
[画像のクリックで拡大表示]

品物を送付する前に売上金が手に入る

 メルカリユーザーを対象にフリマ(フリーマーケット)形式で不要品を販売する既存のメルカリと異なり、メルカリNOWはメルカリ自身が不要品を買い取るのが違いだ。

既存のメルカリとメルカリNOWの違い。メルカリNOWは、集荷時の送料や手数料がかからないのがメリットだが、販売額自体はメルカリのほうが高い
[画像のクリックで拡大表示]

 買い取りの手順は簡単。メルカリのアプリからメルカリNOWのタブを開き、売りたいもののジャンルやブランド、具体的な商品名を選択していき、最後に写真を撮影するだけでよい。撮影した写真がサーバーに送られると、わずか1~2秒前後で買い取り価格が表示される(査定額は最大2万円)。買い取りを了承すると売買が成立し、売上金が自身のアカウントに入る。売上金はメルカリでの購入に使えるほか、口座に引き出すことも可能。販売価格の10%が手数料として引かれるメルカリでの販売とは異なり、メルカリNOWでは手数料は不要。

品物の金額は、入力したブランドや商品名、撮影した写真を基に査定される。査定はすべてクラウド上で実行され、写真データの送付時に人がいちいちチェックするわけではない
[画像のクリックで拡大表示]
メルカリNOWは独立したアプリではなく、メルカリのアプリ内から呼び出す仕組みだ
[画像のクリックで拡大表示]
まずはブランドやカテゴリー、具体的な商品名、品物の状態を選択する
[画像のクリックで拡大表示]
設定が終わったら、品物の写真を撮影する。全体が入るように1枚だけ撮影すればよい
[画像のクリックで拡大表示]
撮影後、1~2秒ほどで査定金額が表示され、了承すると売上金が即座に自身のアカウントに入る。このあと発送作業を進めればよい
[画像のクリックで拡大表示]

 品物は、後日メルカリ宛てに宅配便で送付すればよい。売買成立から2週間以内に発送する必要がある。送付の際の送料はメルカリが負担し、宅配業者が自宅まで集荷に来る。梱包用の箱などは用意されないので、自身で準備する必要がある。