「米のヒット甲子園」(主催:日経トレンディ、特別協賛:象印マホービン)は、全国の五つ星お米マイスターから推薦されたブランド米から、得票数で上位に選出された銘柄を対象にした新米の味覚審査会。今回は、77人の五つ星お米マイスターが推薦した160品種のなかから、得票数で上位に選出された9銘柄が最終審査にノミネートされた。

今年最終審査会にノミネートされたお米
[画像のクリックで拡大表示]

 11月21日には、米のヒット甲子園の最終審査会が東京パレスホテルで開かれた。最終審査会に残った9銘柄を同じ手順で炊飯し、7人の審査員が「もっちり-あっさり」「柔らかい-硬い」などの軸で評価。それぞれの銘柄の味の個性を明らかにした。その結果、“今一番食べてほしい米”として、米のヒット甲子園2016大賞米が岩手県・県中産の「銀河のしずく」に決定した。

 銀河のしずくは、岩手県が約10年をかけて育てた品種。2016年の新米から全国に本格出荷が始まったばかり(関連記事:「2016年秋、おいしいご飯のためにできることすべて!」)。最終審査会では、独特の硬さともっちり感が高い評価を受けた。

銀河のしずくは今年デビューしたばかりの新品種(写真は、10月7日、三越銀座店で開催された銀河のしずくの全国デビューイベントの模様)
[画像のクリックで拡大表示]
審査会の様子。左から審査委員長・川崎恭雄氏(いづよね代表取締役)、小崎陽一氏(イタリア料理研究家)、小谷あゆみ氏(フリーアナウンサー)、里井真由美氏(フードジャーナリスト)、フォーリンデブ はっしー氏(グルメエンタテイナー)、細川茂樹氏(タレント)、渡辺和博(日経BPヒット総合研究所研究員)
[画像のクリックで拡大表示]

(文/渡貫幹彦=日経トレンディネット、写真/シバタススム、衣装協力[細川茂樹氏]/ダーバン )