パナソニックが高性能ミラーレス一眼「LUMIX G9 PRO」(LUMIX DC-G9)を発表した。おもに業務でスポーツ競技などを撮影するプロ向けに売り込む
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2017年11月16日、ミラーレス一眼の高性能モデル「LUMIX G9 PRO」(DC-G9)を発表した。高速連写や高速オートフォーカス、手ぶれ補正機構などの撮影性能を引き上げ、スポーツ撮影を手がけるプロカメラマンや野生動物を撮影するハイアマチュアユーザーをターゲットとする。

 実売価格は、ボディー単体モデルが21万円前後、標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S」が付属するレンズキットが29万円前後。発売は2018年1月25日。

動画重視のGH5に対し、写真重視のG9 PROと位置づける

 LUMIXは、HDRの4K動画撮影が可能な高性能モデル「LUMIX DC-GH5」をフラッグシップ機として2017年3月に投入した。GH5は、放送や映像制作にも対応するほどの優れた動画撮影性能を持つが、おもにスチル写真を利用するユーザーからは「GH5ほどの動画機能は不要」という意見が寄せられることが多かったそう。そこで、GH5で定評のある撮像素子や画像処理エンジンを生かしつつ、連写やオートフォーカス、操作性などを高めたG9 PROを新たに投入。写真向けのフラッグシップ機と位置づけ、利用用途で選べる“ツートップ”としてプロに訴求する。

日本国内では「G9 PRO」の愛称を前面に押し出し、「プロフェッショナル向け」「高性能」というイメージを演出する
[画像のクリックで拡大表示]
LUMIXシリーズは、放送や映像制作にも使える高性能の動画撮影機能を搭載した高性能モデル「LUMIX DC-GH5」もラインアップするが、今回のG9 PROは写真撮影機能を重視したモデルとしてスチルフォトグラファーに訴求する
[画像のクリックで拡大表示]