新製品「instax SHARE SP-3」(左)を手にするタレントの大政 絢さん
[画像のクリックで拡大表示]

 富士フイルムは、国内外で好調なセールスを続けるインスタントフィルム「チェキ」のラインアップを強化する。

 2017年10月25日に発表したのが、スマホ連携の小型プリンター「スマホdeチェキ」の新製品「instax SHARE SP-3」。2017年春に発売したスクエア(正方形)タイプのチェキフィルムへのプリントに対応したのが特徴。SNSとの連携機能を強化し、インスタグラムやGoogleフォトで公開した写真を手軽にプリントできるようにした。スマホで撮影した自慢の写真を常に部屋に飾って楽しめる魅力を訴求し、若年層を中心に売り込む。

 予想実売価格は2万4000円前後。発売は11月17日の予定。色はホワイトとブラックの2色を用意する。

新たにスクエアフォーマットに対応、SNSの写真をスマホからプリント

 SP-3は、専用アプリを導入したスマホとWi-Fiで接続することで、スマホ内やSNSの写真をワイヤレスでプリントできる。2016年7月に発売した「instax SHARE SP-2」と基本的な機能は同等で、フィルムが1:1のスクエアタイプとなるのが違い。同じフィルムを利用する「instax SQUARE SQ10」(2017年5月発売)とは異なり、単体での撮影機能は持たない。

直線と平面で構成するデザインが目を引く。カラーはホワイト(右手前)とブラック(左奥)の2種類で、ブラックはブロンズのような深みのある色となる
[画像のクリックで拡大表示]
3:4の比率を採用する従来のチェキ(左)と比べ、スクエアフォーマットのチェキ(右)はかなり大きく感じる
[画像のクリックで拡大表示]
上部がプリント済みフィルムの排出口となる。上部のLEDで残りのフィルム枚数を表示する仕組み。手前の「REPRINT」ボタンを押すと、直前にプリントした写真がもう1枚プリントできる
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の改良のポイントが、プリントできるSNSの種類を増やしたこと。従来から対応するFacebookやInstagramに加え、新たにGoogleフォトやFlickr、Dropboxに対応した。ハッシュタグでの画像検索も可能。

スクエアフォーマットと相性のよいInstagramに加え、新たにGoogleフォトに対応。デジタル一眼などで撮影してGoogleフォトにアップロードした写真も、アプリからワンタッチでプリントできる
[画像のクリックで拡大表示]

 データを転送してからプリントされるまでの時間は約13秒。外観は、直線と平面を組み合わせた都会的なイメージに仕上げ、プリンター本体も「インスタ映え」するようにした。バッテリーは充電式のリチウムイオン充電池で、microUSB経由で充電できる。

組み写真で飾る楽しさを訴求

 富士フイルムの調査によると、スマホやSNSの普及を受けて、撮影ショット数はフィルムカメラ時代の20倍にまで急速に増えているという。さらに、撮影した写真の楽しみ方も変化していると分析する。フィルム時代は「撮影した写真は思い出として自分や家族だけで楽しむ」というクローズな活用法だったが、スマホ&SNS時代になって「コミュニケーションや自己表現の手段として幅広い人に見せる」という具合に変化している。

世界で稼働するスマホは20億台を突破。写真の撮影枚数はフィルム時代の20倍にもなっているという
[画像のクリックで拡大表示]
チェキの販売台数は年々増加している。2016年は年660万台に伸び、2017年は750万台を見込む
[画像のクリックで拡大表示]

 これを受け、富士フイルムはSP-3でプリントできるチェキフィルムの正方形を生かし、さまざまなスタイルでアレンジできる楽しさを訴求する。プリントしたチェキを単純に1枚ずつ飾るのではなく、9枚など複数の写真を使って組み写真を構成し、1つの作品として飾りましょう、という提案だ。逆に、プリント用のアプリでは、9枚の写真を組み合わせて1枚の写真にするテンプレートを用意する。

9枚構成のアレンジの例。左の作品は、印画紙にプリントしたものに手描きを加え、あたかも1枚の写真のように見せている
[画像のクリックで拡大表示]
複数枚のチェキを壁や天井、家具などに貼って楽しむ使い方も提案する
[画像のクリックで拡大表示]

 SP-3の購入につなげるユニークな施策として、手持ちの写真をチェキにプリントしたような画像に変換する機能をWebサイトに設ける予定。SP-3をまだ持っていなくても「なんちゃってチェキ」としてSNSなどで使ってもらえるようにし、リアルなプリントも手にしたいと思った人の購買につなげる狙い。

手持ちの写真をチェキにプリントしたような画像に変換する機能を、スマホdeチェキのWebサイトに実装する予定
[画像のクリックで拡大表示]
SP-3と同じスクエアフォーマットを採用するチェキプリンター内蔵デジカメ「instax SQUARE SQ10」は、新色としてホワイトを追加する
[画像のクリックで拡大表示]
実売価格は2万6000円前後で、既存のブラックモデルと同じ
[画像のクリックで拡大表示]

(文/磯 修=日経トレンディネット)