ソニーモバイルコミュニケーションズは2017年10月17日、コミュニケーションロボット「Xperia Hello!」を発表した。人感センサーと顔認識機能によりユーザーを見分けて、音声入力をしなくても自発的にその人向けの情報を伝えてくれるのが特徴。胴体と顔に当たる部分がそれぞれ動くことで、表情を持たせている。

 音声やディスプレーを使ったコミュニケーション機能、搭載カメラを使った見守り機能、ユーザーに合わせた情報アシスタント機能などを備え、主に家族で使うことを想定している。11月18日発売で、価格はオープン。ソニーストアでの価格は14万9880円となっている。

ソニーのコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」。ボリュームやスイッチは底面にあり、シンプルなデザインになっている
[画像のクリックで拡大表示]
スマートスピーカーではなくロボットと位置付けており、ロボットとしての耐久性を持たせているという。バッテリーは家庭内で電源を切らずに移動させるためのもの
[画像のクリックで拡大表示]
タッチ対応ディスプレーを搭載し、Android端末としてアプリを使うこともできる
[画像のクリックで拡大表示]

 コミュニケーション機能は、LINEを使ったメッセージの送受信、Skypeによるビデオ通話、ビデオ伝言が利用できる。顔認識でユーザーを見分けられるので、お母さんからお父さんと子供へそれぞれメッセージを送ると、Xperia Hello!がお父さんと子供を自動的に判別して、それぞれに向けたメッセージを伝えるといったことが可能だ。

LINEやSkypeなどを使ったコミュニケーション機能が利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 見守り機能は、顔の部分にあるカメラで周囲360度の様子を撮影して8枚の連続写真で送ってくれたり、Xperia Hello!と会話したユーザーが家にいることなどを通知してくれる。例えば、「家の様子をおしえて」というコマンドをLINEから送ると、子供を3分前に見かけたなどと教えてくれる。

見守り機能で家の様子を確認できる。自宅の様子や、離れた場所に住む両親の様子を見守るなどの用途を想定している
[画像のクリックで拡大表示]

 情報アシスタント機能は、ニュース、交通情報、天気予報、予定、自分宛のメッセージなどを教えてくれるというもの。顔認識でユーザーを見分けて、その人向けの情報をディスプレーに表示したり音声で読み上げたりする。質問するとWikipediaで検索して教えてくれる機能もある。

ユーザーを顔で見分けて、その人向けの情報を教えてくれる
[画像のクリックで拡大表示]

 主なスペックは、ディスプレーが4.6型(1280×720ドット)で、OSはAndroid 7.1、プロセッサーはSnapdragon 650、3GBのメモリー(RAM)、32GBのユーザーメモリーなどとなっている。

(文/湯浅英夫=IT・家電ライター)