リコーは2016年10月13日、全天球カメラ「THETA」シリーズの新製品「THETA SC」を発表した。高画質の上位モデル「THETA S」(実売価格は4万円前後)と同じ大型撮像素子やレンズを採用しつつ、使用頻度の低い機能や装備を省いて約1万円の低価格化を図った。「THETA Sは欲しいが価格が高い」という声に応え、定評のある画質を維持した低価格モデルを投入し、新規ユーザーの獲得を目指す。

 予想実売価格は3万円前後で、発売は10月28日の予定。

リコーが全天球カメラの入門機「THETA SC」を発表した。最上位機種「THETA S」から一部の機能や装備を省いたものの、暗所でもきれいに撮れる高画質はそのまま受け継がれた
[画像のクリックで拡大表示]
本体の構造やデザインは基本的にTHETA Sと同じだが、サイズがわずかに変わっている
[画像のクリックで拡大表示]

 THETA Sとのおもな違いは、全天球動画をリアルタイムで配信するライブストリーミング機能が省かれたことと、底面のmicroHDMI端子が省略されたこと。動画の連続撮影時間も最大5分に制限された(THETA Sは最大25分)。動画撮影時間を短くしたことで本体の放熱機構を簡略化でき、重量は約102gに抑えた(THETA Sは約125g)。撮像素子やレンズはTHETA Sと同じものを採用しており、画質や高感度性能も変わらないという。

180度の範囲が撮影できるレンズが前後に出っ張った形状は従来通り
[画像のクリックで拡大表示]
底面にあったmicroHDMI端子が省かれ、microUSB端子のみとなった
[画像のクリックで拡大表示]

 本体カラーはブルー、ベージュ、ピンク、ホワイトの4色を用意する。鮮やかなカラーを用意した従来のエントリーモデル「THETA m15」と比べて落ち着いた色合いとし、性別や年齢を問わず使えるようにした。

カラーはブルー、ベージュ、ピンク、ホワイトの4色を用意する
[画像のクリックで拡大表示]

 THETA Sは、今後のアップデートで高度な撮影機能を追加し、写真趣味層向けのプレミアムモデルと位置づけて差異化を図る。

(文/磯 修=日経トレンディネット)