ロジクールは2017年9月15日、「Jaybird」ブランドのスポーツイヤホン2製品を発表した。注目は、左右のユニットが独立したランニング向けの完全ワイヤレスイヤホン「Jaybird RUN TRUE WIRELESS SPORT HEADPHONES」(以下Jaybird RUN)だ。汗に強い防汗処理、専用アプリによるカスタマイズ機能などが特徴。通話機能も備える。9月25日発売で、実売価格は2万5880円前後。

スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン「Jaybird RUN TRUE WIRELESS SPORT HEADPHONES」。本体と充電ケースのほか、イヤーフィン、イヤーチップ、USBケーブルなどが付属する。本体色はブラックとシルバーの2色
[画像のクリックで拡大表示]

 本体は片側6.83g。スマートフォンとはBluetoothで接続する。バッテリー駆動時間は4時間で、付属の充電機能付きケースのバッテリーにより2回フル充電でき、計12時間駆動できるとしている。5分の充電で1時間利用できる急速充電機能も備える。耳の形に合わせるためのイヤーフィンや、耳に入れるイヤーチップがそれぞれ4種類付属し、様々な人の耳にフィットするようにした。

トレーニングにランニングを取り入れているという、ダンサーの曽又奈々さんが装着したところ。コンパクトで装着しても目立たない
[画像のクリックで拡大表示]

 防汗処理は、汗が入りにくい形状にしたほか、汗に含まれる酸、油、塩分などを防ぐため二重のコーティングを施した。IPXで表記される防水保護等級は表示していないが、水よりも条件の厳しい汗を防ぐ機能により十分な耐水性を持っているとしている。スポーツイヤホンは防水などのため音がこもりがりになるが、高音質なドライバーを搭載するなど音質にもこだわった。

 ダウンロードして利用する専用アプリを使うと、好みの音にカスタマイズでき、その設定をイヤホン本体に記録して保存できる。本体を紛失した場合の検索機能も備える。

 ワイヤレスのスポーツイヤホンは多数あるが、防汗処理による耐久性、多数のイヤーフィンやイヤーチップによる耳へのフィット感、完全ワイヤレスイヤホンとしては長い4時間の駆動時間などを強みとして販売につなげたい考えだ。

 発表会には、MEDIFOAM AC所属のランナーである川内鴻輝氏、ダンサーの曽又奈々さんが登壇。これまでいくつものスポーツイヤホンを使ってきたという川内氏は「スポーツイヤホンは汗で壊れてしまうことが多い。3カ月程度で使えなくなるものもあり、次々と買い換えていた。Jaybird RUNは防汗処理に優れているので長く使えそうだ」と期待を語った。

発表会に登壇した、ランナーの川内鴻輝氏(右)。相手の声と自分の声がよく聞こえて使いやすい通話機能も気に入っているという
[画像のクリックで拡大表示]
同時に発表されたワイヤレスイヤホン「Jaybird FREEDOM 2」。装着後にケーブルの長さを簡単に調整できる機構が特徴。Jaybird RUN同様の防汗機能を備え、駆動時間は8時間。9月25日発売で、実売価格は1万9880円前後
[画像のクリックで拡大表示]

(文/湯浅英夫=IT・家電ライター)