エイスーステック・コンピューター(ASUS)は2017年9月15日、SIMロックフリースマートフォン「Zenfone」シリーズの新製品3機種7モデルを発表した。9月23日より順次発売する。3機種とも5.5型で解像度がフルHDのディスプレー、指紋センサーを搭載するほか、3Gおよび4G(LTE)のSIMカードを取り付けて両方同時に待ち受けができる「デュアルSIM、デュアルスタンバイ」(DSDS)に対応する。

 3機種がいずれも背面またはフロントに2つのカメラを搭載するのが大きな特徴。それぞれ広角撮影、望遠撮影、自撮りに強い機種となっていて、カメラ機能を強みに販売につなげたい考えだ。

標準と広角の2つの背面カメラを搭載するZenfone 4

 「Zenfone 4」(ZE554KL)は、背面に標準画角のカメラと、画角120度の広角撮影ができるカメラを搭載するモデル。明るいレンズの搭載などにより暗所での撮影に強いとしている。

画角の違う2つの背面カメラを搭載する「Zenfone 4」(ZE554KL)。ディスプレー側にひとつ、背面に2つで計3つのカメラを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレーはIPS液晶で、処理性能や通信速度などを決めるプロセッサーには、ミドルレンジ向けの中でも高性能なSnapdragon 660を搭載する。そのほか6GBのメモリー、64GBのストレージを備える。重さは165g。背面はガラスで、カラーバリエーションは黒と白の2色。9月23日発売で、実売価格は5万6800円前後。