トレーニング中にポロっと外れないのが強み

 3製品の発表会は、ボディービル選手育成などで知られるトレーニングジム「GOLD GYM」(ゴールドジム)で行われた。会場にはゴールドジムに勤務するボディビルダーが登場し、新製品の使用感などを語った。

発表会はトレーニングジム「GOLD GYM」(ゴールドジム)で行われた
[画像のクリックで拡大表示]

 ゴールドジム渋谷東京所属のトレーナー、竹本直人氏は、「これまでのイヤホンでは、トレーニング中に力の入り方によって耳から外れて落ちてしまうことがあった。今回、E7wirelessを使ってみたが、耳の動きにフィットするので同じように使っても耳から外れることがなく、トレーニングに集中できた」と使用感を語った。最初はなぜ外れないのか分からなかったそうだが、3D Active Fit構造の説明を受けて、その効果に感心したという。

 ワイヤレスなので有線イヤホンのようにポケットにスマートフォンを入れておく必要がないことや、首にかけてクリップで固定できるため、左右が独立した完全ワイヤレスイヤホンのように落として無くしてしまう心配がいらないのもメリットだという。

ゴールドジム渋谷東京所属のトレーナー、竹本直人氏
[画像のクリックで拡大表示]

2年で30万台の販売を目指す

 運動中に外れにくく、防水機能を備えるスポーツ向けヘッドホン・イヤホンの市場は、数量ベースで前年比106%、金額ベースで前年比126%と拡大している。製品単価は平均3000円前後から5000円前後へと上昇しており、オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンでは有望な市場と位置付けている。

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズの宮城謙二社長は、「スポーツイヤホン全体で今後2年間で30万台の販売を見込んでいる。海外市場にもビジネスチャンスがあると思っている」と今後の目標を挙げた。独自の特許技術である3D Active Fit構造や音質へのこだわりを強みに、シェア拡大を狙う。

スポーツ向けヘッドホン・イヤホン市場は拡大中で、製品単価も上昇している
[画像のクリックで拡大表示]

(文/湯浅英夫=IT・家電ライター)

関連リンク