ソニーは2017年9月14日、肩にのせてテレビやスマートフォンなどの音を聞く、ウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」を発表した。肩にのせて鳴らすことで、手軽に迫力あるサウンドを体験できるのが特徴。10月14日発売で、実売価格は2万5000円前後。

ソニーのウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」。電源ボタンやボリュームボタンなどは内側にある
[画像のクリックで拡大表示]

 小型のフルレンジスピーカーと音を前後に広げる仕組みを備え、音に包まれるような体験できるという。また低音を増強する振動板(パッシブラジエーター)を搭載し、サウンドを振動で体感できる。振動の強さは3段階で設定可能。シアターシステムなどがないテレビでも、映画、音楽ライブ、ゲームなどを臨場感のあるサウンドで楽しめるとしている。首にかかる部分は柔軟な素材でできていて、首にあたる部分にはクッションが入っている。重さは335g。3時間の充電で7時間利用できる。

充電台と送信機、それぞれのACアダプターと給電用USBケーブル、テレビなどとの接続用ケーブル類が付属する
[画像のクリックで拡大表示]

 テレビには付属の送信機を取り付け、そこからスピーカー本体へ2.4GHz帯の無線で音声を送信する仕組み。テレビだけでなくスマートフォンや携帯ゲーム機などを接続して使うこともできる。製品にはスピーカー本体、送信機、送信機をTVなどと接続するための光ケーブルと音声ケーブル、充電台、2つのACアダプターと2本のUSBケーブルが含まれている。

 テレビの音を手元で聞くためのワイヤレススピーカーは様々な製品があるが、ウェアラブルな製品は珍しい。肩のせ式なので省スペースで済むほか、シアターシステムのないテレビでも迫力あるサウンドを楽しめることや、振動でサウンドを体感できることなどが強みとなる。ライバル製品にない肩のせ式ならではの特徴を販売につなげたい考えだ。

肩のせ式にすることで、シアターシステムなどがないテレビでも手軽に迫力あるサウンドを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
発表時の資料に誤りがあったため、本文中の重さを修正いたしました。 [2017/9/14 21:00]

(文/湯浅英夫=IT・家電ライター)