パナソニックが大画面カーナビを一新。今回発表した新製品「CN-F1XD」は画面の見やすさを高めつつ、ハイレゾ音楽の再生などの新機能を盛り込んだ
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2017年9月4日、カーナビゲーション「ストラーダ」の新製品「CN-F1XD」を発表した。ディスプレーをカーナビ本体から分離した構造を採用することで、車種を問わず9型の大型液晶を搭載できるようにした最上位機種「CN-F1D」(2016年6月発売)の後継モデル。「画面を自分の席に向けて見たい」という声に応え、新たに左右方向の角度調整機構を追加して見やすさを高めた。タッチパネルの反応を改善して操作性を高めたほか、ハイレゾ音楽の再生機能を追加するなど、性能の底上げも図った。ヒンジ部の改良で、走行時の振動で画面が揺れるのを抑える工夫も盛り込んだ。高級志向が強まるカーナビ市場での拡販を目指す。予想実売価格は18万円前後で、発売は11月上旬の予定。

要望の多かった液晶パネルの左右首振り機構を搭載

 2016年6月発売のCN-F1Dは、ディスプレー部を2DINサイズの本体部から分離して手前に浮き出す形状を採用することで、軽自動車を含む多くの車種に9型の大画面ナビを搭載できるようにした高性能モデル。今回発表したCN-F1XDは、新たに左右方向の角度調整機構(左右それぞれ15度)を追加し、どのシートからでも見やすくした。液晶パネル自体も、視野角が狭いTN方式の液晶パネルから、視野角が広く色鮮やかなIPSパネルに置き換え、視認性を高めた。パネルは光の反射を抑える構造に改良し、明るい日中での見やすさを高めた。

従来のチルト調整や上下調整、奥行き調整に加え、新たに左右の角度調整機構を加えた
[画像のクリックで拡大表示]
CN-F1XDを日産の小型車「ノート」に装着したところ。パネルは正面を向けている
[画像のクリックで拡大表示]
新たに加わった左右方向の角度調整機構を利用し、運転席側に15度振ったところ。運転席からの視認性がグッと高まる
[画像のクリックで拡大表示]
逆に、助手席側に振ったところ。数字で感じる以上に角度の変化は大きい
[画像のクリックで拡大表示]
CN-F1XDは、実に280以上の車種に搭載できる。写真はスバルのインプレッサに搭載したところ
[画像のクリックで拡大表示]
小型SUVで人気を誇るトヨタのC-HRに搭載したところ
[画像のクリックで拡大表示]

 走行時の振動による画面の揺れを抑える改良も施した。ヒンジを介してディスプレーが本体から浮いた構造となっているCN-F1Dは、走行時の振動で画面が揺れやすいという声があったという。CN-F1XDでは、ヒンジ部の構造を一新することで、左右の角度調整機構を追加しつつ揺れを大幅に抑えられるようにした。

 機能面では、ハイレゾ音楽の再生機能を追加した。FLACとWAVのフォーマットに対応し、USBやSDメモリーカード経由で再生できる。高速道路のSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)にいることをGPSの位置情報で検知すると、エンジンを再スタートした際に逆走への注意を画面と音声で促す機能も追加した。ディスプレーのタッチ操作のレスポンスも改善している。

ハイレゾ音楽やブルーレイソフトの再生など、AV関連の機能はかなり充実している
[画像のクリックで拡大表示]
液晶パネルを手前に倒すと、ブルーレイドライブやSDカードスロットにアクセスできる
[画像のクリックで拡大表示]
昨今社会問題化している高速道路のSAやPAからの逆走を軽減すべく、SAやPAでエンジンを始動した際に注意を促す機能を追加した
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックによると、アフターマーケット向けカーナビの売れ筋は10万円超の高価格帯モデルと6万円未満の低価格モデルに2極化が進んでいるという。ナビアプリを導入したスマホをカーナビ代わりに使う人が増えるいっぽうで、カーナビを購入する人は「より大画面、より高性能のものを」という流れが進んでいるとみられる。カーナビでは最大級の9型液晶や、ブルーレイの映像ソフトが見られることを武器に、高価格帯市場での拡販を狙う。

後付けのカーナビは、6万円未満の低価格モデルが大幅に伸びるいっぽうで、10万円超の高価格帯モデルも販売台数を伸ばしている
[画像のクリックで拡大表示]

(文/磯 修=日経トレンディネット)