2020年度から小学校でプログラミングを導入した授業が必修化されます。すでに先行して取り組んでいる自治体が多数あるなど、もはやプログラミング教育まったなしといえるでしょう。そこで気になるのが、これからプログラミングを始めることになる子供たちがいかに楽しく学べるか。学校がプログラミングとの出会いの場になる以上、なるべくプログラミングを好きになって、きちんと身に付けられる子供が増えるといいですよね。
 そこで、「プログラミングを楽しく学んで身に付けるためのヒント」を、自らプログラミングをされ、書籍やイベント等を通じて啓発にも努められているお二人に対談形式でうかがってみました。前半と後半の2回に分けてお届けします。

池澤 あやか氏:タレント業とITエンジニア業の両方をこなし幅広く活動している“ギーク・タレント”。著書に『アイディアを実現させる最高のツール プログラミングをはじめよう』(大和書房)、『小学生から楽しむ Rubyプログラミング』(共著、日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
鳥井 雪氏:プログラマー兼翻訳家、Railsでの開発を主業務とする株式会社万葉勤務。プログラミングのワークショップや啓発活動も実施。翻訳書に『ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング』『ルビィのぼうけん コ ンピューターの国のルビィ』(いずれも翔泳社)。 『プログラミング Elixir』(オーム社、笹田耕一氏と共訳)
[画像のクリックで拡大表示]

プログラミングを始めたきっかけは?

司会:最初に、お二人がプログラミングを始めたきっかけを教えてください。

池澤あやかさん(以下、池澤):最初にきちんと触れたのは大学の授業だったと思います。たぶん、Scratchだったかな。

鳥井雪さん(以下、鳥井):Scratchはプログラミング教育にとても広く使われていますね。それでも今のようなブームではなかったころだと思いますが。

[画像のクリックで拡大表示]

池澤:そうかもしれない。謎のネコがいましたね(注:Scratchのキャラクターのスクラッチキャットのこと)。Scratchで基礎を理解した後にJavaを学ぶプログラミングの授業があって、それがきっかけですね。その後、大学2年でゼミに入り、そこがプログラミング必須だったので本格的に学び始めました。

 当時のゼミでは、ProcessingとopenFrameworksというメディアアート系の人たちがよく使うプログラミング環境やArduinoを用いた電子工作でのプログラムを書く必要があったんです。いきなりクラスやメソッドのあるかなり難しいサンプル・プログラムを読んで、カスタマイズしなきゃいけなかったので、初心者としてはけっこう大変でした。これはヤバい、ついていけない!と思って。

 そこで、プログラミングを学べる合宿があるのを自分で調べて参加したりしていました。大学でも、RubyやC言語、電子工作の授業を選択しました。基本をいったん身に付けると、プログラミングの授業は単位を取得しやすかったですね。

 ただ、高校時代からHTMLやCSSを使ってウェブページを作成していたので、その延長みたいな形でJavaScriptやRubyを触るようになったというのもあります。

鳥井:ガラケーで見るブログのテーマを変えるとか、ありましたね。

池澤:テーマをいじりたいときに、自分でHTMLを書いたりしていました。好きなようにデザインできるのが楽しかったですね。

[画像のクリックで拡大表示]

鳥井:私の場合、大学では美術史学を勉強していたので……。プログラミングは全然、関係なかったです。

池澤:美大だったのですか?

鳥井:4年制大学の文学部で、歴史史学美術史学科でした。美術史学って就職に役に立たないので、接客好きだから営業をしようかなと考えて。ベンチャー企業に営業職の応募があったので、そこに面接に行ったんですよ。

 最初はその会社の社長と面接していたのですが、なんかこの子、あんまり営業に向いていないんじゃないか、みたいな空気になって。語学好きだったら、たぶんプログラミングに向いているよという超理論で、途中から面接相手がCTOに変わったんです。

池澤:すごい超理論ですね。語学が得意だったんですね。

鳥井:得意というか、第2外国語で中国語を、美術史学の勉強に必要だったのでイタリア語を、というくらいです。結局、CTOに「とりあえずやってみるといいんじゃない」みたいな形で採用されました。

 そこでの仕事は、最初は何をやるのか全然分からなかったのですが、インドへの受託開発案件のマネジメントというか進捗管理をやりました。できてきたプログラムに「ここを直してください」とか要望を出したりしているうちに、なんとなくプログラミング教育を受けていました。SQLのドリルを渡され、全部やれって。

[画像のクリックで拡大表示]

池澤:初めてのプログラミングがSQLだったんですか?なんだか、つまらなそうです……。

鳥井:SQLはすごく役に立ちましたし、けっこう楽しいんです。自分が取得したいデータをどう得るかを考えたり、業務との関連を考えたりしてプログラムにする。自分の理解がプログラムという形になるのが、すごく楽しくて。全然苦痛ではなく、面白かったんです。

 さらに、画面が動いた方が楽しいだろうということで、JavaScriptを使った住宅情報サイトのローン計算システムを手掛けたりしながら学びました。

 しばらくして、国内のIT業者に発注したらうまくいかなくて大炎上した案件があって、毎日泣きながら進捗管理をしていたんです。いったん終わって第2次見積りになった段階で、先に炎上したこともあって金額を高めに吹っかけられちゃって……。これなら自分で書いた方が早いんじゃないかと思って、プログラマーとして本番デビューしました。

司会:結構むちゃな体験ですね。プログラミングが嫌になったりしませんでしたか。

鳥井:大変だったんですけど、IT業者が出してきた見積りである「10日間で300万円かかります」みたいなシステムを、自力で3日間で終わらせたという達成感がうれしくて。

池澤:3日で終わらせたのはすごいですね!

鳥井:多分、IT業者が受けたくなくて、期日と金額を大目に出してきたのだと思います。