ソニーは2017年9月5日、ノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドホン・イヤホン「1000X」シリーズなどヘッドホンの新製品11モデルと、携帯音楽プレーヤー「NW-ZX300」などウォークマンシリーズの新製品5モデルを発表した。ドイツ・ベルリンで開催された家電見本市IFA 2017で発表したワイヤレスイヤホン「WF-1000X」などで、10月7日より順次発売する。

ノイズキャンセリング機能にこだわった1000Xシリーズ

 「1000X」シリーズは、ノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドホン・イヤホンの最上位シリーズ。従来モデル「MDR-1000X」の後継機種になるオーバーヘッド型のヘッドホン「WH-1000XM2」のほか、新たに首掛け式イヤホン「WI-1000X」、左右のユニットが独立しているイヤホン「WF-1000X」を追加して3モデルになった。

 いずれも、それぞれの製品タイプにおいて業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を備えるとしている。「WH-1000XM2」と「WI-1000X」はハイレゾ対応で、ソニーが開発したハイレゾ対応ワイヤレスコーデック「LDAC」や非ハイレゾ音源をハイレゾ相当の音質にする「DSEE HX」に対応する。

3モデル展開になった、ノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドホン・イヤホン「1000X」シリーズ。カラーバリエーションはブラックとシャンパンゴールドの2色
[画像のクリックで拡大表示]