いよいよスーパーファミコンも復刻版が登場! パッケージも当時のデザインを忠実に再現した
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年11月に登場して大ヒットした任天堂のミニファミコン「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の第2弾として、スーパーファミコンの名作ゲーム21種類を収録した「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が登場する。発売は2017年10月5日で、希望小売価格は7980円。

 オリジナルのデザインを忠実に小型化した手のひらサイズの本体は、第1弾のファミコンと同様のコンセプトだ。コントローラーもスーパーファミコン用のものを忠実に再現したが、今回は本体サイズに合わせてコントローラーを小型化せず、オリジナルと同じサイズとした。本体との接続は独自のコネクターを利用するため、スーパーファミコン用のコントローラーは使えない。

小型化した本体は、オリジナルのデザインを忠実に小型化している。コントローラーは小型化されておらず、オリジナルのサイズとなるのがうれしい。コントローラーは前面のカバーを開いて接続する仕組みのようだ
[画像のクリックで拡大表示]
本体はまさに手のひらサイズ。USB電源で駆動できるので、テレビのUSB端子に接続すればコンセントを占有せずに済む
[画像のクリックで拡大表示]

 収録されているゲームは21種類で、名作との声が高い「スーパーマリオワールド」や「がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻」「スターフォックス」などのタイトルが遊べる。興味深いのが、当時開発が進んだものの販売中止となった「スターフォックス2」がラインアップされていること。「オリジナルのスーパーファミコンではプレーできなかったゲームが遊べる」という点で注目を集めそうだ。

 第1弾のファミコンと同様に、スーパーファミコン用のゲームカートリッジを差し込んでプレーしたり、ダウンロードでゲームを増やしたりすることはできない。

 テレビとの接続はHDMIで、microUSB経由で電源を供給する。HDMIケーブルやmicroUSBケーブルはパッケージに付属するが、いずれも第1弾のファミコン用のケーブルが流用できる。

 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータは、希望小売価格が6480円と手ごろだったこともあり、購入希望者が殺到して長らく入手困難な状況が続いた。ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンも品薄になることが予想される。いち早く入手するには、受付を開始したタイミングで予約を申し込むのがベターだが、全国の人がアクセスするインターネット通販よりは、ゲームを取り扱っている量販店やデパートなどの店頭に足を運んで申し込むほうが手に入りやすいだろう。

2016年にヒットした「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。長らく品薄が続いた末、現在はいったん生産終了となっている
[画像のクリックで拡大表示]

 任天堂の最新家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」では、有料のオンラインサービス「Nintendo Switch Online」(2018年開始予定、料金は未定)の加入者に向け、ファミコンなどのゲームが楽しめる「クラシックゲームセレクション」(仮称)を提供する。ネットワーク経由で友だちとオンラインで遊べるのが、クラシックミニシリーズにはないポイントとなる。2017~2018年もクラシックゲームが話題となりそうだ。

(文/磯 修=日経トレンディネット)