東芝クライアントソリューションは2017年6月1日、個人向けパソコンの夏モデル4機種を発表した。注目はモバイルノートの新シリーズとなる「dynabook UX53」で、そのほか15.6型スタンダードノート「dynabook T」シリーズをマイナーチェンジした。6月9日より順次発売する。

新シリーズとなる13.3型モバイルノート「dynabook UX53」。Thunderbolt 3を2基搭載する
[画像のクリックで拡大表示]

 「dynabook UX53」は、13.3型(1920×1080ドット)で外光の反射を抑えたノングレア液晶、1090gの薄型軽量ボディー、約17時間の長いバッテリー駆動時間、指紋センサー、アメリカ国防総省制定MIL規格10項目の試験などをクリアした堅ろう性が特徴。CPUはCore i5-7200Uで、4GBメモリー、128GBのSSDを搭載する。マイクロソフトOffice Home & Business Premium付属で実売価格は16万円前後。

 拡張端子にはThunderbolt 3(USB Type-C)×2、USB3.0、HDMI出力、microSDカードスロットを備える。Thunderbolt 3は高速なデータ転送速度やDisplayPortとしても使えることなどが特徴で、USB3.1 Type-Cの上位互換に当たる規格。この端子を2つ搭載することで、普及が予想されるUSB Type-CやThunderbolt 3対応の周辺機器が利用しやすくした。

 13.3型モバイルノートはビジネスパーソンが持ち歩いて使うパソコンとして人気が高く、各メーカーが力を入れている激戦区だ。その中でdynabook UX53はモバイルノートで最長クラスになる駆動時間の長さ、軽さが特徴で、ライバル製品がまだあまり搭載していないThunderbolt 3を搭載することで利便性を高めたことが強みとなる。