米グーグルは2017年5月31日、子供向けの動画視聴アプリ「YouTube Kids」の日本での提供を開始した。YouTube Kidsは、YouTubeで公開されている動画のなかから、グーグル独自のアルゴリズムで子供向けと判断した動画のみを抽出して公開する。タイマー機能やカスタマイズ機能など、保護者が子供の動画視聴を管理する機能も備える。

「YouTube Kids」のトップ画面(提供:Google)
[画像のクリックで拡大表示]

 YouTube Kidsは2015年2月に米国で開始。日本を含め、世界28カ国、7言語で提供されている。週単位のアクティブユーザー数は800万以上、動画視聴回数は300億回以上だという。

 発表会に登壇したYouTubeグローバルFamily&Learningコンテンツディレクターのマリーク・デュガード氏によると、「家族向け、教育関連は、現在、YouTube上で最もコンテンツが増えている分野」。そうしたコンテンツの増加もあり、最近では“子守”代わりや教育のために子供にYouTubeを見せる親も増えている。一方で、子供たちはすぐにスマホやタブレットの操作に慣れてしまうので、親の管理を超えてさまざまな動画を見てしまう可能性もある。このため、YouTube Kidsでは、子供が自由に楽しめるが、あくまでも保護者が管理できることを目的にしている。

YouTubeグローバルFamily&Learningコンテンツディレクターのマリーク・デュガード氏
[画像のクリックで拡大表示]

 YouTube KidsアプリはAndroid版、iOS版がある。使用する際は保護者のGoogleアカウントでログイン。4つのカテゴリーから動画を視聴できる。「アニメ・ドラマ」は国内外のアニメや子供向けに制作された読み聞かせ動画など、「おんがく」はアニソンやダンス動画、音楽に合わせた手遊びなど、「まなぶ」は読み書きや英語、理科などの学習コンテンツ、「はっけん」は子供の好奇心や探究心を刺激する動物の面白動画などを集めた。子供たちは、文字入力や音声入力でコンテンツを検索することもできる。

コンテンツは「アニメ・ドラマ」など、4つのカテゴリーに分かれている
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、保護者向けには、一定の時間が経つとアプリが自動停止するタイマーや、検索を無効化する検索設定などの管理機能を用意している。アプリを使う際に、子供の年齢を未就学、学級児童、すべての3種類から選ぶことで、年齢に合った動画を表示される仕組みになっている。

タイマー設定した時間になると、スマホやタブレットの画面に顔が現れ、「またね」といって停止する
[画像のクリックで拡大表示]

 発表会には、日本のコンテンツパートナーの代表者も登壇した。熊本に住むYouTuber一家が運営している「Kan & Aki's CHANNEL」、講談社の「キッズボンボン」、小学館の「コロコロチャンネル」、ベネッセコーポレーションの「しまじろうチャンネル」、東映アニメーションの「東映アニメーション公式チャンネル/プリキュアチャンネル」の5チャンネルの代表者で、それぞれにYouTube Kidsへの意欲を語った。このうち、コロコロチャンネルは「コロコロコミック」40周年を記念して、同誌キャラクターを使った動画を7月15日からYouTubeで限定配信する予定。東映アニメーションは、ポプラ社の人気児童書『おしりたんてい』のアニメをYouTubeを通じて全世界配信する。

発表会には、特別ゲストとして『妖怪ウォッチ』のジバニャン、しまじろう、おしりたんていがやってきた
[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク

(文/平野亜矢=日経トレンディネット)