Googleは2017年5月29日、音声アシスタント機能「Googleアシスタント」の日本語版をAndroid搭載スマートフォン向けに提供開始した。スマートフォンに話しかける会話形式で、Googleの検索機能、予定表、地図などの機能を利用できる。Android 6.0以降でGoogle Playストアを利用できるAndroid端末向けで、今後数週間かけて対象端末すべてで利用できるようになる。文字での入力にも対応しているので、声を出したくない場所でも利用できる。

Googleアシスタントが利用可能だと、ホームボタンを長押ししたときや「OK, Google」と声をかけたときにこの画面が表示される
[画像のクリックで拡大表示]
会話形式でGoogleの機能を利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleアシスタントは、Androidのホームボタンを長押しするか、「OK, Google」と声をかけると起動する。そのままキーワードを話して検索したり、天気や予定(タスク)を聞いて表示させたりできる。飛行機のフライト状況のチェック、交通状況の確認などができる。音楽をかけるように頼んだり、YouTubeで見たい動画を探してもらったり、Googleフォトから対応する写真を見つけ出したり、特定の人を指定してメッセージを送ることもできる。

 GoogleではGoogleアシスタントの機能を利用するためのAPIを公開しており、様々なメーカーの製品やサービスにGoogleアシスタント使ってもらいたいとしている。

 アップルのSiri、マイクロソフトのコルタナ、アマゾンのアレクサなど、音声入力に対応したアシスタント機能の競争が激化している。Googleアシスタントの強みについてGoogle製品開発本部長 徳生裕人氏は「Googleアシスタントは、検索をはじめ、YouTube、Googleマップ、GoogleフォトなどGoogleの様々なサービスを組み合わせて、ユーザーのリクエストに答えられるところに強みがある」とした。

GoogleアシスタントはAndroidスマートフォンだけでなく、Android Wear搭載スマートウォッチ、日本ではまだ発売していないが家庭用音声アシスタント機器「Google Home」などで利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
GoogleアシスタントのAPIは公開されていて、他のメーカーはそれを組み込んだ機器やWebサービスなどを開発できる
[画像のクリックで拡大表示]

(文/湯浅英夫=IT・家電ジャーナリスト)

関連リンク