ソニーモバイルコミュニケーションズは2017年5月11日、ソフトバンク向けに5.2型スマートフォン「Xperia XZs」を発表した。スマートフォンとしては世界初となる、メモリー積層型イメージセンサーを使ったカメラを搭載し、スーパースロー映像を簡単に撮影できるのが特徴。5月下旬以降に発売する。

5.2型スマートフォン「Xperia XZs」。カラーバリエーションはアイスブルー、ブラック、シトラス、ウォームシルバーの4色
[画像のクリックで拡大表示]
デザインやボタン配置は従来モデルのXperia XZとほぼ同じ。ボディーにはアルミ素材を使用し、マットな質感になっている
[画像のクリックで拡大表示]

 動きまわる子供やペットの様子などを、スーパースローを使った印象的な映像で撮影できる。撮影した映像をSNSに投稿すれば人気を集められそうだ。スマートフォンではカメラ機能の競争が激しくなっている。自社のデジタルカメラ技術を生かして他社製品との違いを打ち出す。