この記事は「ITpro」の同名の記事(2017年4月6日公開)を転載したものです。内容は基本的にITproでの公開時点のものとなります。

 2017年4月6日、U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は、2017年度に開催する「U-22プログラミング・コンテスト 2017」の応募要領を公開した。コンテストのキャッチフレーズは、「夢を動かせ。自由な創造力で未来をつかめ!」。

「U-22プログラミング・コンテスト2017」のWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 今年のコンテストの特徴は、U-22(22歳以下)枠とは別に、12歳以下の児童を対象とした「小学生部門」を新設した点。2020年から日本でもプログラミング教育が小学校から必修化されることが予定されており、それに対応したかたちだ。小学生部門とU-22の違いは、以下の通り。

【小学生部門】
●プログラミングを学び始めた12歳以下の児童が対象
●アイデアや制作動機などを中心に作品を評価
●審査は提出された応募用紙と動画で行う

【U-22】
●22歳以下であれば応募可能
●プロダクト・テクノロジー・アイデアを評価
●審査は提出された応募用紙、プログラム、動画で行う

 応募受付期間は、2017年7月3日から8月24日まで(小学生部門は8月17日まで)。事前審査と一次審査は8月から9月に行われ、10月1日に最終審査会で各賞を決定する。

 募集内容は、ユニークな発想やこれまでに培ってきた技術力を生かした、未発表または2016年9月1日以降に発表したオリジナル作品。ジャンルやプログラミング言語は特に問わない。

[U-22プログラミング・コンテスト2017]

(久保田 浩=日経ソフトウエア)