[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 アイシングループは2016年2月に北海道で実施した試乗会で、スマートフォンを使って車外から自動駐車をさせるデモンストレーションを実施した。同技術は2015年10月にフランスのボルドー市で開かれた「ITS世界会議2015」に出展しているが、国内で公開したのは初めて。

 開発したシステムはカメラとスマホを使い、運転者がスマホのアイコンを押している間だけクルマが動くもの。運転者が危険を察知した場合、画面から指を離せば車両を止められる。アイシングループによれば、乗り降り困難な狭い駐車場に停めやすいことがメリットだという。

 ベースとなったのは、トヨタ自動車「プリウス」の先代モデル。前後にステレオカメラ、左右に単眼カメラを搭載し、駐車したい場所をカメラで検出すると、スマホの画面に自動駐車が可能なことを示すアイコンが現れる。この状態で車両から降りて、スマホのアイコンを押している間、車両が駐車スペースに向かって動く。デモでは最初、ハンドルを斜めに切って前進し、車両後部が駐車スペースに入れる向きになると、今度は後退に切り替わり、駐車を実施した。

 小回りを良くするため、後輪を操舵できる機構も付けた。アイシングループは、フランスRenault社などに4WS(4輪操舵)機構を供給している。デモしたクルマには最大5度タイヤを切れる機構を搭載した。カメラは白線を検知しており、現状は白線のある場所でしか使えないが、白線がなくても自動駐車ができるようにする技術を開発中だ。

(林 達彦=日経テクノロジーオンライン)