キヤノンは2018年2月26日、エントリーユーザー向けのレンズ交換式デジタルカメラ「EOS Kiss M」を発表した。Kissブランド初のミラーレスカメラで、約387g(黒の場合)の小型軽量なボディー、シンプルで扱いやすい操作性、新映像エンジン「DIGIC 8」による高速連続撮影や4K動画撮影機能などが特徴だ。

キヤノンのレンズ交換式デジタルカメラ「EOS Kiss M」。Kissブランド初のミラーレスカメラだ。ボディーのみのモデルと、4種類のレンズキットを用意する
[画像のクリックで拡大表示]

 映像素子はAPS-Cサイズの約2410万画素のCMOSセンサー。背面の液晶ディスプレーはタッチ操作に対応した3型バリアングル液晶で、EVF(電子ビューファインダー)も備える。本体色は黒と白の2種類。それぞれボディーのみのモデルと、レンズが付属するレンズキット4モデルを用意する。3月下旬発売で、実売価格はボディーのみで7万4000円前後、レンズキットは標準ズームレンズが付属するもので9万円前後からとなっている。

ミラーレスカメラになったことで、これまでのKissシリーズより小型軽量になっている。本体色は黒と白の2種類
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンでは、エントリーユーザーがカメラに求めているのは小型軽量さ、簡単な操作、手ごろな価格、高性能・高画質といった要素だとしており、EOS Kiss Mはそうした要望を満たし、No.1シェア獲得を目指す戦略モデルと位置付けている。

 キヤノンのKissシリーズと言えば、エントリーユーザー向けのデジタル一眼レフカメラとして絶大な人気を誇るシリーズだ。そのKissシリーズがミラーレスカメラになったことで、レンズ交換式カメラ市場において一眼レフカメラからミラーレスカメラへの移行が進むことになりそうだ。