2015年2月の開発発表から1年、PENTAXブランド初のフルサイズデジタル一眼レフカメラ「K-1」がいよいよ登場する
[画像のクリックで拡大表示]

 リコーイメージングが、ペンタックスブランド初となるフルサイズのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」を発表した。これまでのKシリーズで定評のある防塵防滴構造や見やすい光学ファインダー、ボディー内手ぶれ補正機構などの装備を継承しつつ、他社のフルサイズ一眼レフと比べて本体をコンパクトに仕上げたのが特徴。フィルム時代の交換レンズもそのまま利用できる利点を訴求し、既存のデジタル一眼レフからの乗り換えだけでなく、フィルム時代からのペンタックスファンの獲得を狙う。

 本体サイズは136.5(W)×110(H)、85.5(D)mm、重さは約1010g(メモリーカード1枚、バッテリー含む)。ボディー単体モデルの予想実売価格は26万円前後で、交換レンズが付属するキットモデルは用意しない。発売は4月下旬の予定。

 PENTAX K-1のおもな特徴は以下の通り。

■有効3640万画素のフルサイズCMOSを搭載、ローパスフィルターレス仕様

→常用ISO感度は最高ISO100~204800まで対応。モアレの発生を抑制するローパスセレクター機能も搭載する。連写速度は約4.4コマ/秒で連続17コマ(RAW撮影時)。

■フルサイズ一眼レフとしてはコンパクトなボディー

→ミラーの跳ね上げ時、ミラーの軸を上方にスライドさせるフローティングミラー機構を備えたことで、本体の厚さを抑制。幅も136.5mmに抑え、フルサイズ一眼レフとしてはボディーをコンパクトに仕上げた。

■5軸補正対応のボディー内手ぶれ補正機構を搭載、補正効果は5段分

→すべてのレンズで利用できるボディー内手ぶれ補正機構は、回転方向を含む5軸補正に対応。補正効果はCIPA基準で5段分相当に向上。

■解像感を高めるリアル・レゾリューション・システムは動体の検出にも対応

→ボディー内手ぶれ補正機構を利用して撮像素子を1画素ずつずらしながら4回撮影し、解像感の高い画像を合成するリアル・レゾリューション・システムを搭載(撮影の際は三脚などが必須)。歩く人物など、動く被写体を検知した際は被写体の重なりを防ぐよう合成する機能を追加した。

■レンズの光軸から外れずに角度を変えられるフレキシブルチルト式液晶

→4本のアームを搭載し、光軸からずれることなく液晶の表示面を上下左右に動かせる機構を採用。タッチパネルは搭載しない。

■感度や露出補正がダイヤル操作だけでできるスマートファンクション機能

→液晶パネルの近くに機能ダイヤルを追加し、ISO感度や露出補正、HDR撮影、ブラケット撮影などの設定変更がダイヤル操作だけでできるようにした。

■レンズマウントや背面のボタンなどを明るく照らすLEDライトを内蔵

→レンズマウントの上部や液晶モニターの背面に白色LEDを搭載し、レンズ交換やボタン操作の際に周囲を明るく照らせる「操作部アシストライト」機能を搭載。ペンライトの使用が周囲に迷惑をかける星空撮影などの際に便利に使える。

ペンタックスブランドの一眼レフらしい男性的なデザインを採用する。グリップは中判一眼レフ「645Z」をベースにしているという。ペンタ部のデザインを三角形に仕上げ、高性能の光学ファインダーを搭載していることをアピール
[画像のクリックで拡大表示]
フルサイズ機は横にワイドな機種が多いなか、K-1は幅がきゅっと引き締まった印象を受ける。背面の液晶モニターは、独自の機構で自由に角度が変えられるようになっている
[画像のクリックで拡大表示]
液晶パネルのすぐ上に独自の機能ダイヤルを追加し、ボタンの同時押しの必要なくISO感度や露出補正がダイヤルで変更できるように工夫した
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
フレキシブルチルト式と名付けられた背面液晶は、4本のアームにより光軸からずれることなくパネルの角度が自由に変えられるようにした。複雑な機構だが、この部分も防塵防滴構造となる
外部マイク端子やヘッドホン端子を搭載し、本格的な動画撮影にも対応する
[画像のクリックで拡大表示]
メモリーカードスロットは、SDメモリーカードのデュアルスロットとなる
[画像のクリックで拡大表示]
撮像素子は有効3640万画素のCMOSセンサーで、ローパスセレクターに対応したローパスフィルターレス仕様となる
[画像のクリックで拡大表示]
回転方向を含む5軸補正に対応したボディー内手ぶれ補正機構を搭載しており、オールドレンズを含めすべてのレンズで手ぶれ補正が働く
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
液晶モニターの背面やレンズマウントの上部などに白色LEDを搭載しており、ボタン操作やレンズ交換の際に明るく照らせる
ボディーの前後はマグネシウム合金を採用している。ボディーは防塵防滴構造となっているほか、-10度でも動作を保証する耐寒性能も備える
[画像のクリックで拡大表示]
光学ファインダーは視野率約100%、倍率約0.7倍となる。透過型のファインダー内表示機能を備え、撮影情報や2軸の水準器などの情報をファインダー内に表示できる
[画像のクリックで拡大表示]
K-1との組み合わせに向く、フルサイズ対応の小型軽量標準ズームレンズ「HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR」。希望小売価格は9万円
[画像のクリックで拡大表示]
フルサイズ対応でF2.8通しの明るい広角ズームレンズ「HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR」。希望小売価格は25万円
[画像のクリックで拡大表示]

(文/磯 修=日経トレンディネット)